上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢方談議に花が咲いた夏風馨です。
こんばんは。
ドクターの歓迎会でたまたま他科の先生と漢方談議に。
曰く、彼の蔵書は使って良いよとのこと。
ちょっとわくわくドキドキ☆
まさかあんなに盛り上がるとは思わなかった。
……彼もまたこんなところで漢方の話ができる子に逢うとは思わなかったそうです(笑)。
びっくり。

今月に入って幾度となく言われている黙っていれば美人という評価。
流石にここまで言われるとある意味凹みます(笑)。
黙っていれば美人だけれど、話した瞬間にそれを覆すものが……!!
「夏風先生ってさー、前から思ってたんだけど」
突然、違う病棟の内科医に声を掛けられた。
「黙ってるとかなり美人だけど、話した瞬間に意味不明だよね」
ほとんど話したことのない先生にそこまで言われる私って。
意味不明ってもう既にどうしたら良いのか解りません。
そして、本気で九竜女史の言ったことが正しかったらしいと痛感しているという。
そんな美人なんていうプラスポイントを話すだけで覆せる自分が凄いと思う。
しかし、実はそもそも美人だった記憶が微塵もない。人違いではと思うほどない。
試される大地の人達的には恐らく美人なのだろうか。
だって、こんな短期間にこんな同じことを言われたことがあっただろうか……否、ない。
恐ろしい。
でも、そんなにか!?

余談
何故か昨夜たまたま仕事で遅くなって研修医室に戻ったらコグマ先生がいて。
何故かコグマ先生とガールズトークしてしまいました。
ボーイとガールズトークってのが間違ってる。
しかもそれを緊急内視鏡で呼び出し喰らっていたらしいY先生に聞かれたという……。
寧ろ、内視鏡に呼ばれても良かったと思っているよ、私は。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2087-478d6566
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。