上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるキャラだったらしい夏風馨です。
こんばんは。
病棟師長的にはゆるキャラらしい。
初耳である。
ゆるキャラってどんなのだっけ?
1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
3.愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせている事。   (wikipediaより抜粋)
……+着ぐるみ基本らしい。
色んな意味でこれは私はどうしたら良い?

今日はそんな私を揺るがす大事件が起こった。
「馨先生! 大変よ!! 」
突然師長が私に声を掛けてきた。
「どうしたんですかー」
「取られちゃいますよー!? 」
何が、誰に?
主語も目的語もないとどうしようもない。
「あの人が! あの、お兄様が! 」
師長が言うお兄様はY先生しかいないけど……何、Y先生に春でもきたの?
「うちの兄がどうしました」
「ゆるキャラになろうとしてるわよっ! 」
もう十分ゆるいですよ、多分。
どうもヘパリンフラッシュ用の略であるフラッシュが平仮名で指示されていらしい。
ふらっしゅ
確かに、ゆるい。
で、取られるって何が。
「お兄様にゆるキャラの座が取られちゃう! 」
待って!
私、ゆるキャラだったの!!??
「こうなったら、馨先生は可愛いゆるキャラでいくしかないわ! 」
「そう、ゆるカワよ、先生! 」
どこからツッコみますか。
ゆるキャラ研修医をツッコむべきか。
それともその座を揺るがすゆるキャラ副部長をツッコむべきですか。
そもそも何だこの病棟。
そんなゆるキャラ兄様は何故か逆光から歩いてきた私が誰だろうと思って近づいてきて私だったことに異常に驚いていました。
そんなに!?
一体どの点で驚いたんだ?

後輩が手技に失敗すると泣きついてくる訳ですよ。
私は信楽焼先生も保証する手技下手っぴ研修医なのに!
一つ言わせてもらえば、普通に手技ができるけれども、失敗された後のリカバリーができるほどは絶対に上手くない(苦笑)。
朝、看護師さんから無茶ブリ。
「タタル先生、××君の採血やります? 」
背筋凍った。
何てこと言うの、と思ったよ。
××君は上肢からは採血できず、下肢からの採血で、それすらなかなかできないで有名な患者さんなのよ!?
「やります! 」
勢いで言っちゃったー!?
脳内でリカバリーできるか本気で悩む先輩が隣にいるって気付いてくれ(笑)。
そして、病室にて。
あっさり失敗してくれました。
「先生……! 」
「わかったから、私がやるから」
必死に血管探したさ。
しかもこれ以上失敗できない! 血管少ないんだから!!
で、一発で決めました。
「先生、流石っす! 」
背水の陣だった。
その後、信楽焼先生が私が採血したと言ったら凄い驚いていた。
まぁ驚くだろうね。
私だって一発で決められたことを驚いたんだから。
更に病棟で仕事していたら血相を変えてタタル先生がやって来た。
「夏風先生! 」
時計を見て、用件が解った。
「あーはいはい。採血管とか持ってまた行くよー」
で、違う人の採血。
失敗後のリカバリーができる技術は絶対にないけど、そう言う訳にもいかないので。
人間追いつめられればできるってことなのか!?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2081-55b0a1a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。