上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘いものは和洋問わず好物な夏風馨です。
こんばんは。
勉強会のあった会場がホテルだったので、ホテルのケーキを買って帰ってみたのです。
ホテルのカフェのショーケースに並ぶケーキに目を向けて美味しそうって呟いたところ一緒にいた先輩研修医がぼそっと一言。
「女の子だなぁ……」
今まで何だと思ってた(笑)?
そんな訳で美味しそうだった限定ケーキを購入。
明日のデザートにするんだと心に決めたのでした。うふ。
そうやって皮下脂肪を貯めていく。

さて、勉強会で衝撃的な出逢いが。
よもやこの地域に新たなる漢方専門医との出逢いがあるとは!!
本気でびっくりした。
内科系で漢方専門医だからさ……ちょっとびっくり。
「結構マニアックな処方もできるんで必要なときはうちに紹介してください」
しばらくマニアックな処方について語り合ってしまい、周囲がドン引き。
いつものことなので慣れてはいるけれどさ。
漢方外来やらされてる身としてはね。
既に外来やってる時点で異端者的扱いな部分があるのでねぇ。
看護師さん達なんかも
「ねぇ、なっちゃん先生、胸が大きくなる漢方とかないの」
「えー何でですか」
「だって、なっちゃんもそういうの飲んで大きくしたんじゃないかと」
色んな意味でどうツッコミを入れるべきか悩む。
「ないですねぇ」
「残念ーじゃあどうしたら良い? 」
「揉んでもらえば良いんじゃないですか? 」
すっごい投げやり。
「えーっ、ちょっと! なっちゃん、まだ昼間! 」
昼間に胸が大きくなる漢方なんか訊く方が悪いんだっ(笑)。
女性ホルモンの分泌の問題だからさ、その手の漢方なら場合によっては大きくなるかもしれないけど……たぶんそれは何か違う。
だって、中庸が大切なんだから!
……衝撃的な出逢いが胸大きくなる話にすり替わってしまった。

昼下がり。
ふっと甘味を物色していたら、外科のM先生と目が合った。
「……これ」
M先生の手には何か角食っぽいものが。
「お昼って感じじゃないよな? 」
砂糖掛かってる、みたいだけど。
「お昼って感じじゃないよね? 」
大切なことだから二回言ったらしい。
「そ、そうですね? 」
「そうだよな。そうだよな。お昼じゃないよな」
M先生はそう言い残して颯爽と売店を後にした。
って、お昼はーっ!?
後ろ姿に思わず叫びたくなった瞬間だった。
いつも売店で遇うM先生は妙に面白い。
前に逢った時は、私が内科にいることを5回くらい確認してきた上で驚いていた。
何なんだ、一体……。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2079-4c0643d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。