上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネギ背負って歩いていたら食べられるよと注意された夏風馨です。
こんばんは。
私はカモじゃありません。
食べてもおいしくありません。
買い物帰りに研修医室に寄ったら信楽焼先生に笑われた訳ですよ。
で、今日がジンギスカンだって言ったらY先生に食わせてやれ、温かい物食いたいだろうからと言われた訳ですが。
……みんな私を何だと思ってるんだ。
でも、肉を二人分買っておいた自分が憎い。

どうでも良いが、私を見て開口一番にY先生が帰ってきたよと教えてくれた皆さん。
そこまで私気にしてなかったと言うか……うん、バスを見たから知ってた。
で、内科医局でちょっと作業をしていたら後ろから慣れた空気を感じた。
「帰ってきたよ」
「あ、お疲れ様です……おかえりなさい? 」
何故か疑問形。
「ただいま……これ、お土産」
「何これ。六花亭じゃないですかー絶対お土産じゃないでしょー」
そもそもお土産がある方がおかしい。
「……余った」
色んな先生や看護師さんからお菓子とかもらったらしいが余ったらしい。
でも人の厚意の産物をこんなひょいっとあげるのか!?
「あ、そう」
いつもと変わらな過ぎる。
流石と言うか……飄々としてるなぁ。

最近、ACのCMで流れる『「心」は見えないけれど「心遣い」は見える』と言う詩の一節。
何故か突然母が電話口で暴走しました。
「心」は誰にも見えないけれど
「下心」だけは見える

ごめん、それを言われた娘はどうしたら良いの。
時折母はとんでもないことを平然と言います。
でも、それを聞いた瞬間何故か2年くらい前にボスから言われた言葉を思い出した。
「下心なしに優しくする男なんていない! 」
すみません、男の人にそれを言われた私はどうしたら良いんですか。
あまりに目が真剣だったのでツッコミ損ねた。
それにしても、あんな声高らかに言わなくても良いと思う。
……しかも2人でご飯食べてる時に(笑)。
それが私が就職する時の贈る言葉みたいなもんでしたから。おいおい。
因みに贈る言葉的なものでの衝撃は違った意味でこれ。
「夏風さん、変な男に引っかからないでくださいね! 」
ごめん、それどういう意味(笑)?
誰が言ったかは言わないけれど、部活の後輩から真剣に言われました。
彼女は真面目な方なので本気でした。冗談とか言いませんから(笑)。
逆に衝撃度が高かった。
でも、つまり、総じるとですね……周囲は私が
うっかり優しくされて下心に気付かず変な男に引っかかる
と思っている訳ですね。わかります。
何故だろう、これを強く否定できないぞ。
私って下心には多分いつも気付いてないと思う。
だからこそのフラグクラッシャーなので。
立つフラグ立つフラグを片っ端からへし折るので、余程のことじゃないとフラグは成立しません。
急展開過ぎて折れなかったフラグが成立した気がします。
まぁそれまでのフラグに気付かず、折り続けてても相手が更に立て続けた場合に成立するくらいの勢い。
自分で立てたフラグも気付かずバッキバキにする。
それがフラグクラッシャー夏風。

……うぅん、それで良いのか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2055-9013fbdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。