上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姿見ただけで和む存在へ昇格した夏風馨です。
こんにちは。
ちょっと昨日に続けて重めな話。
別に不謹慎だから軽い話をしない訳じゃないよ。
単に思うことがあっただけです。

「歳に不足はないでしょう」
もしもあなたが自分の御身内が亡くなった時に医療者側からこんなことを言われたらどう思いますか?
これは実際に、私が言われた言葉です。
2003年9月に私の母方の祖父が亡くなったのですが、その時に主治医から言われました。
間質性肺炎だったのですが、ステロイドパルス療法中に感染して急に亡くなったのです。
定期検査で外来受診したところ突然入院となり、更に主治医から感染のリスクとか伝えられていた訳でもなく。
はっきり言って誰も入院2日で死ぬなんて思っていなかったのです。
うちの父が何か嫌な予感がするから学校休んででも行けと言わなかったら祖父の死に目には会えなかった思う。
さて、その祖父が亡くなった時に主治医が言ったんですよ。
「まぁ歳に不足はないでしょう」
誰が決めたのでしょうか。
確かに祖父は男性平均寿命よりは長く生きていたけれど。
それを言われた遺族は何と答えれば良いでしょうか?
同じ医療人となって、彼の言葉を思い返す訳ですが……やっぱりあれは言って良い言葉ではなかったと思うのです。
医療者側が言ってはいけないと思う。
遺族が言うのは許される。
大切な人の死を受け入れるためのプロセスでもあるので。
でもね、医療者側は仮にそう思ったとしても言ってはいけないと思うのですよ。

嫌な話だけれど、医療に携わると持ってる知識からある程度の余命なんかも見えることもある。
あくまでデータ上だけれど。
余命は平均○年ですよ、と言ったところであくまで平均。
例えば半年と言ったのに3年生きたとか、1ヶ月しか生きられなかったとか。
治療への反応次第だったり、元々持ってる体力とか……色々な要因が絡み合ってくるので、一概には言えない。
治療に関して諸々をちゃんと説明もしていなかった訳で、今思えばあれは訴えられるレベルですよ(笑)。
母方の一族はそれをしなかったけれど、その後もその話は何度か出て、ちょっと嫌な思いをしたと言う話になっている。
多分、彼の言葉一つでこれは全く変わったと思う。

でもね、彼の擁護をするつもりじゃないけれど、何かこう……解る部分もある。
21:30なんて時間だったから、私が思うに主治医だって帰りたくても帰れない状態だったと思うんだ。
きっと若干イライラしていた筈(笑)。だってちょっと言葉が投げやりだったから。
早く決着を付けたい、みたいな気持ちがなかった訳じゃないかも。
重患が多いとさ、そう思うことが全くないとは言えないと思うんだ。
それでもね、やっぱり言って良い訳じゃない。
しかもその後、病理解剖した言っていったのよ……(苦笑)?
否、肺と心臓だけだけど。
よくもまぁあんな暴言呟いておいて言えたと思う。
……私が思うに、彼は自分の一言に気付いてないのではないかと。
ごく自然に零れ出た言葉。
それって一番いけないことだけれどね。だってまさしく本音だもの。
私の中で彼は一番駄目な医師の対応の例として印象に残っているのです。

それが今日思ったこと。
Y先生の信奉者の方が私に話してホッとしたと言ってくれて私は凄く安堵したのだけれど、私自身の心に棘が刺さった。
入院とはそれだけでストレスである。
更にそこで浴びた言葉は大きく傷を残すものだ。
「あなた、何年、生きたいの? 」
自分が言われたら傷付くって容易に解る言葉なのに。
ただ、以前どこか違うところでもその手の話を聞いた気がするのでよく言われる言葉なのだろうか?
何年生きたいかなんて普通は答えられない筈だ。
病気だろうが病気じゃなかろうがね。
そして、彼女が受けた言葉を聴きながら、私は冒頭の「歳に不足はない」と言った祖父の主治医を思い出したのでした。
唯一の救いは、彼女が私にその話をして、ホッとした……と少し涙ぐんでいた事。
私を見て、それだけで和むと言ってくれるのは嬉しいのだけれど、彼女の傷はきっと消えない。

普通なら言わないと思うけれど、意外と医療やってるとね、こう言う発言をしてしまう人っている。
多分、少なくない。
それでなくても患者って心が串刺しなんだよ?
既に心が傷付いている状態では特にちょっとした言葉が更に傷を深めるのですよ。

言葉って一度出たものは戻せるものじゃないから。
そして、患者さんは弱い立場なので言えず我慢しているところは大いにあるでしょう。
言われても、治療の時にお世話になるのだからと我慢していたりするのです。

気を付けないといけませんね。
改めてそう思ったのでありました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2043-15b50122
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。