上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとしたラブコメ的な行動を取った夏風馨です。
こんばんは。
朝ごはんにたい焼きを食べたのですが、急いでいたのでたい焼きを銜えて病院行った。
脚色なしです。紛れもない事実です。
寮の階段を駆け下りて、医局へ行きましたとも。
幸い誰にも見つかりませんでしたが。
まぁどっちかと言えば見つかった方がツッコミがあっておいしかったかもしれません、展開的に。
でも社会人のため転校生などのラブコメフラグもなく、更に言えば食パンではなくたい焼きなのでどう考えてもお笑い的展開のにほい。
だからこそ誰かに突っ込まれた方が救われた気がする。

朝から、ちょっとした手違いがあったため医局秘書さんに相談に行ったら、たまたまY先生に遭遇。
しかしどっちかと言うと朝の私はそれほどテンション高くなかったと言う。
「よぉ、朝から何やってんの」
「おはようございます、先生。私は今、秘書さん待ってるの」
何故か不機嫌。棒読み。酷い後輩です。
まぁそんなローなテンションで事情説明したら納得された訳ですが。
「そう言えば、たい焼き好きですかー? 」
「そりゃあまあ」
甘党なんだよなぁ、この体型のくせに(失礼なのか称賛なのか謎)。
実はたい焼きは店のおじさんがおまけしてくれたので、まだ残ってる。
流石に全部食べたら太る(笑)。
「昨日買ったやつだけど、先生にあげるからF先生とでも食べてー」
そして合間に、内科の医局の机にたい焼きの入った袋にメモを糸結びで付けて置いてった。

何故かオペがすんなり終って、ちょっと余裕ができた。
びっくりしたよ。
どうしたよ、一体。
まぁ予定のオペが立て続けに中止になったり延期になったりしたからね。
こう言う日もある。
……と、思わずエクレア食べながら一休みしてしまった。

そして、突然降って湧いたような勉強会。
つまり弁当が出る。
こっちの仕出し弁当で何が凄いって、海鮮類だと思う。
普通のお弁当にはお刺身入らないと思うんだ。
これが美味しいのであるが、作り置きされている私のハンバーグカレーはどうなる。
流石にお知り合いになって1週間余りの先生方にお裾分けできる代物ではないし。

夜、色々終えてカイザーの術式の勉強のため、借りた本をコピーしに総合医局へ。
気配を感じたのでひょこっと顔を廊下へ出したら矢張りY先生がいた。
「あ、お疲れ様ですー」
「おう。何やってるんだ」
「本をコピーしてた」
で、そうだと思って新しい携帯を自慢する。
初めて他人に自慢した(笑)。
でかいだの色々言ったくせに羨ましそうにいじくるとか、反応が面白い。
「そう言えば今週ちょっとお弁当が出る日が続いちゃうらしくて」
「へぇギネもそう言うのあるんだ」
「うーん、そう言う訳じゃなさそうだけど……たまたま? 」
恐らく偶然と言うか、集中的にそうなってるんだと思われる。
「流石にハンバーグカレー余るかも」
それまでほぼ黙って聞いていた信楽焼先生が反応した(と言うか、廊下で立ち話していたのに何故彼はそこでじっと聞いてたんだろう)。
「おっ、昨日言ってたカレーだね! 」
その通りですとも。
「だからタッパにちょうだい」
話題再燃。
「だから、色付くから嫌だって言ってるじゃん」
「……明日仕事早く終ったら食べに行くよ」
それはそれで困るんだけど。
流石に信楽焼先生の前で俺専用タッパ化の話はできなかった模様(笑)。
むしろ、部屋片付けろって話ですかそうですか。

取り敢えず、明日はカイザーの第二助手には入ってるから、シュミレーションしとこう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/2006-c12ea328
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。