上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月温泉旅行と言うささやかな贅沢ちうの夏風馨です。
あけましてあけあした。
喪中なのでお祝いは口にしません。

昨日は信楽焼邸で人生初の人生ゲームで一人勝ちするとか。
そして、年越しと共にポーカーのセンスがないことが発覚するとか。
更に帰宅後鶏ガラスープを作ったりしましたとも。

で。
何故かビーフシチューは内科病棟へ。
こんなわずかなのに!?
看護師さん達曰く、俺はいつも食べてるからみんなで食べてと言ってY先生が置いていったらしい。
おぉい!
「ねぇ、正直なところY先生と付き合ってるんでしょ」
まぁ何と言うか……誤解してください的な科白だよね、相変わらず。
いつだってナチュラルにやらかしてくれる。
「事実無根です」
「でも、先生、食べ物の好みの一致は大切よー」
「そりゃまぁ」
だから何だと言う話と言うか……取り敢えず、のし掛かられたら重いです。
「でも、先生の好みの問題もあるけどね」
うん、だから、重いです。
話によると、病棟看護師さん達は昨年ずーっともやもやしていたらしい。
大丈夫、そのもやもやは正しいと思う。
俗に言う、男女の友情は成立しないが、年の離れた兄妹みたいなものだから。

そんな訳で、川湯温泉行ってきます。
家族温泉旅行に鈍行列車。
否、凄いよねー鈍行。
趣あると思われ。

川湯良いとこー♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1974-21f43c1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。