上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思わず買い物帰りに足湯に入ってしまった夏風馨です。
こんばんは。
注文していた本を取りに行こうと思ったんだけど、何故か自転車の鍵が見つからず。
バスを調べようと思って内科医局に行ったらファイバー先生に遭遇した。
運良く本屋までは送ってくれることに。
帰りは歩くことになりました。
どうでも良いですが、あのベンツは凄かったです。
因みに道を選んだせいだけど1時間掛かりました。
でも、Y先生が歩けって言うからさ(笑)。

帰ってきたら、研修医室に先輩研修医と逢った。
道央にある系列病院から来ている先輩研修医が、9月までいた前任の先輩研修医オトメン先生に会ってきたそうです。
「オトメンが、先生のことをすっごく言ってたよ」
「え、何てですか? 」
「夏風先生は良い娘だよ、純粋なんだって、何度も言ってた」
え、空耳??
「温泉とか行ったんでしょ」
「ええ、2回くらい連れていってもらいましたけど」
「そうなんだ。何かさ、夏風先生は俺が出逢った女の子の中でトップ3に入る純粋さだって言っててさ」
空耳じゃなかった!
ごめん、オトメン先生……どこをどう見たらそうなったの!?
「純粋なの? 」
「さぁ、自覚は全くないですけど」
もしかして。
小次郎のこととか?
肉じゃがあげたこととか??
ケーキ焼いてあげたこととか???
……わからん。
寧ろ、彼の人生で出逢った女性について危ぶんでしまいました。
だって、私が純粋って。
「え、先生って料理作るの」
「これから煮込みハンバーグ作りますけど」
「料理好きって珍しいね。花嫁修行? 」
そんな先の見えない修行なんかしてどうする(笑)?
「普通に好きですよ」
まぁ今のところ、食べてくれる人がいるしね。
……兄と姉が。
「医者って大体料理嫌いだよね。面倒だし」
どういう偏見ですか。
料理好きの医者に怒られるよ(笑)?

煮込みハンバーグはギリギリ及第点な味でした。
明日からまた1週間頑張るぞ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1931-951ebd80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。