上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜2時に起こされた夏風馨です。
こんばんは。
F先生にメールで起こされ、ケーキを持っていきました。
夜中2時半にケーキ貪り食う姿にちょっと引いてしまった。
凄いな。
こうでなくっちゃいかんのかもしれません。
若さってやつか。

オペに入る先生がこぞってケーキの行方を訊いてくる。
そして、お姉様の深夜ケーキ貪り食う事件を話して爆笑されると言う。
若先生なんかは縫合しながら爆笑してました。
「さっすが、姉さん! 」
どう言う意味?
「兄さんは? 仕事の後で分け合います」
「本当に兄さん凄いよなーある意味格好良いよなー」
爆笑しながら言われてもね。
そして、兄さんのためにも頑張ってと言われる。
オペが終ったらお兄様に食べさせてあげないとと医局を送り出されました。
Y先生は外科に愛され過ぎだと思います(笑)。

腕枕してくれる抱き枕という存在を知り、ちょっと腕枕に興味が。
寧ろ腕に興味が沸いているのです。
ケーキを無事分け合った後、ちょっとお兄様の腕を触ってみた。
「ねぇ、腕触っても良いですか? 」
「良いけど、何で」
さわさわ。
うわー毛並みが良いなー。
意外と細いんだー。肌なめらかー良い血管してるー。
「意外と太くないんだ」
「それはよく言われるなぁ。手もそんな大きくないし」
手袋サイズが7なら良いじゃないか。
「私はちっちゃいけどね! 」
「いつも言ってるけどそうでも……確かに改めて見ると小さいな」
5 1/2ってのはまぁ小さめだと思う。
「足も小さいんだっけ」
22~22.5だからね。
「俺もそんなに大きくないけどさ。26~26.5だから」
男の基準は解りませんが、身長の割には大きくないんだろうね。
そして帰ろうと先生が白衣脱いでシャツ羽織った瞬間に戦慄。
「ちょっと、何それ!? 」
気付いた時にはY先生の服に掴み掛かっていました。
酷過ぎる!!
いくらお洒落に気を遣わないとは言え、酷い。酷過ぎる。
黒とグレーの縦ストライプのちょいセンスの良いシャツに赤の縦ストライプのアウターって!!!
「そこら辺にあるのを勝手に取って着たでしょ!? 」
「……そうだけど」
「それにしても酷いよ、これは許せません! 」
私の剣幕にやって来たF先生もそのファッションを目視することに。
「先生どう思う!? 」
「こりゃ本当に酷いね」
そんな訳でこれはあまりの事態に、原石が腐ると思いました。
折角そこそこのものを持っていても、ここまで手付かずだと劣化するかもしれません。
これは早々に改造しないと大変な気がします。
勿体ない勿体ない。

明日はBLS講習会頑張ってきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1921-32459f7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。