上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜中にうどん食べた夏風馨です。
こんばんは。
恋愛症候群のネタになりそうな。
夜中にいなり寿司がどうしても食べたくなるケース、と似た感じで。
半直明けて、何も食べてないしどうしようかなーとか思ってたんだが……いきなり野菜切って玉子落としてうどんにした訳です。
何じゃそりゃ。

結局、昨日は大物釣果はなく半直終了だったのですが、誤ってY先生を病棟に置き去りにしようとしました。
談話室に行くとか言ってたけど、それって時間になったら起こせってことですか。
……と、思い至り談話室へ。
因みに談話室とはICもするけど、処置もする小さな多目的室である。
恐る恐るカーテン開けたら暗闇からY先生の声が。
「……どうしたの? 」
低音が怖いと感じた一瞬。
ってか、姿も見えないくらい暗いのだが、医療機材は何とか見えるのが怖い。
「もしかして、0:00回った? 」
「え、ええ」
「やった! 帰ろう! 」
明るいトーンになって安心した。
で、色々お世話になったのでお礼を言ってみた。
「今日はありがとうございました」
帰ろうと後ろを向いたら
「ありがとう」
低音が返ってきた。
疲れが飛んだ!
……でも、うどんはどうなんだ、うどんは。

取り敢えず、寝ます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1874-0c3de17c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。