上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生初の救急搬送された夏風馨です。
しかして、医療関係者の方々は何故医学生(?)と聞くと診察がやっつけっぽくなるのか。
消化器内科医がいないって理由で腹部レントゲンと点滴で帰された(笑)。
まぁ点滴だけでも大分楽にはなったけど。
現在、PPIで治療中。
そんなこんなで救急車に初めて乗った。
前に乗ったのは救急車じゃなくてドクターカーだったし。

昨日昼前から度々出ていたむねやけが高じて、悪心嘔吐に至り、全く動けもしなくなったので、救急車を呼ばれてしまいました。
そんな訳でうっかり救急車に乗りました。
いつもより収縮期血圧が30くらい高くなってて、余程の激痛だったんだと改めて実感。
そして、救急搬送される人の辛さを知った。
取り敢えず、まだ痛いです。
月曜日にちゃんと消化器内科医に診てもらおう……頭痛の診察もまだだったし(やっぱ昨日の内に行っとけば良かった)。
ってか、担当医の彼女が12歳年下とかどうでも良いが、私の搬送に同行して下さった救急隊員の美人さんを合コン誘うのはどうなんだ(笑)?

また一つ勉強にはなりました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1591-8d243d7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。