上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暇のあまり過去を振り返る傾向が強くなった夏風馨です。
こんばんは。
まぁ半引きこもりだしねー。
別に毎日出掛けてはいるけど、人とは大した接していない。

そんな訳で、初恋の話。
初恋っていつと聞かれるとよく解らない。
はっきり好きだーって認識していたのは高校時代の化学の先生だったので、あれが初恋?
遅過ぎやしないか。
中学に時に憧れてた先輩がいたが、あれは初恋扱いにしたくない。
初恋にすると色々と自分にツッコミが生じる。
だって、ドキドキしたのが
家からくるくる回りながら出てきて、
私を見た瞬間に笑顔でおはようって言ってきた瞬間
とか!
私、大丈夫か……否、彼はピアノを弾く姿は素敵ではありましたが。
でもでもでもっ!
結構意地悪された気もするのに、家からくるくる回りながら出てきて爽やか笑顔で挨拶しただけでときめいた私。
当時、病み度が半端じゃなかったんだと思う(笑)。
初恋とは認めません。
とすると、次に来たときめきは化学の先生なんだが……それって遅くないか。
別に遅くても良いけど。

恋かー甘酸っぱい物なのか、緋川君にちょっと訊いてきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1571-32f18643
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。