上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜の夜、お財布を拾った。
バイト帰り、夕飯買って帰ろうと思って駅ビルとかコンビニとか寄ったんだけど食べたい物がなくて、もうマックにしようとか考えながら道路渡ろうとしたら何かに引っ掛かってこけた。
何だよ、って思いながらも暗いからちょっと怖いなーと思って下を見たら黒い物体がくの字になって立ってた。
「へ? 」
まさか、と思いつつ拾い上げてみると黒いお財布でした。
しかも、がま口仲間(そこはどうでも良い)。
ってか、何で車道に落ちてんのよーっ!!
この財布のご主人様に何があったと言うの。
車道に放り出して行くなんて。
死亡フラ(殴)。
取り敢えず、これは届けるべしと思い、交番へUターン。

交番行ったらお留守。
取り敢えず中に入って、お電話しましたよ……。
めっちゃ面倒そうな声で恐らく近くにある警察署の人が出た。
「あ、すみません、お財布を拾ったんですけど……」
「君、どこいんの」
「××駅の交番ですけど」
「じゃあ、すぐにそっちに戻らせるから待っててください」
そして、交番に独り、指名手配の方々の顔写真やら創作届けの出された方々の顔写真と向かい合うと言うちょっと鬱時間に突入。
罪状とか、そう言うのを読むと哀しくなると言うか辛くなりますよね……。
待つ事5分ほどでお巡りさんが帰還。
「お待たせしました」
癒し系の声!?
不覚にもびっくりしてしまった。
だって、お巡りさんが癒し系の声とか予想外過ぎた。
で、中身確認。
財布の中ってさ……結構性格出るんだなと思った。
私のもそうだけど。
少なくとも小銭をガーゼで包んだりはしないなぁ。
中身から推定するに、恐らく私より年上の女性で橋本に定期的に通っている人。
でも、お勤めではないんだろうな。
年上だとして、あまり年齢は高くなさそう……名前的に。
私のお財布より立派でした。ブランド物だったし(気付かなかったんだけどさ)。
そんな事を考えつつ、取り敢えず権利は放棄して帰ってきた。
だって、別に大した額でもないし、それに対して色々面倒じゃないですか。
私の中で、いい事したなって思えばそれで良い。
十分です(笑)。
いつか、こう言う小さい善意も返ってくる事があるでしょ……?

母の帯状疱疹は水疱はひきました。
掻破する事もなく、取り敢えず一安心ではありますが……まだ熱が下がりきらないのが不安かな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1556-a8475dde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。