上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は小さい頃マルセイバターサンドが苦手だった夏風馨です。
こんばんは。
当時は同じ六花亭さんでもルルーンが大好物でしたが、今はもうないって先日本店で聞いたんですが、それはさて置き。
マルセイのバターサンドは今となっては美味しいと思うんですが、昔はそれはもうあまりにも食べさせられていて、贅沢な話ですが飽きておりました。
あれは無理矢理何個も食べる物じゃないです(笑)。
札幌の祖父母が事ある毎に送ってくれておりましたが、幼い私にはルルーンやホワイトチョコ(しかもベビーチョコ)の方が嬉しかったです。
まぁいつしかそれを知ってベビーチョコが2箱(あの丸い箱ね)くらいずつ送られてきましたけど。

昔の思い出ってほとんどが北海道、そして祖父との思い出なので、この時期は少しばかりナイーブ。
その大好きだった祖父が亡くなった時期だから。
昨日、祖父の七回忌がありました。
とは言え私は諸事情により行けなかったので、父だけ出席したのですが。
母も病気が原因で行けませんでした。
私にとってはとても大切な人でした。色んな事を教えてくれた人。
逆を返せば祖父がいたから私は勉強していく事ができたし、楽しかった。
亡くなった時は信じられなくて、そして、とてつもなく絶望した。
ちょうど自分が医学部に入った年だった。
その1ヶ月前に、入院していた祖父のところに行ったら私の大学合格を喜んでくれたのに。
急に電話が来て、大した事はないんだけど、ちょっと具合が悪いって連絡があって、嫌な予感がするからと父の勧めで慌てて北海道へ行ったらその日のうちに祖父は旅立ってしまった。
一言も言葉を交わせずに、逝ってしまった。
だって、その数日前まで退院してて、普通に生活してたのに。
急に定期検査で入院になって、2日で逝ってしまうなんて、信じられないでしょう?
私はまだ話したい事があったのに。
病室には1ヶ月前に祖父と撮った写真が飾ってあって、看護師さんや主治医の先生に私の自慢をしていたらしかった祖父。
それだけじゃなくて、教職時代の集まりに出す原稿にも私の話を載せていたと聞いて。
もっと一緒にいれば良かったと心底後悔した。
時折、祖父の写真を見ると何か今も死んだ事が信じられなくなるのに。
祖父は厳しいけれど、優しい人だった。
でも、不器用だったから私以外の孫は怖がっていたようで。
それほど想っている人はいないのかもしれない。
本当に厳しい人だったから。
特に勉強には厳しかった。
でも、私もまた祖父に応えられる人間ではなかったんだと思う。
祖父が生きてたらきっと凄い心配しただろうなぁ。
うーん、今も黄泉の国で心配してるでしょうね……。
早く安心させてあげなければ。
そう思う今日この頃。

余談ですが。
何か昨日の記事はものっそ宣伝っぽい気がした。
回し者では御座いません。あしからず。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1517-d23da601
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。