上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻黄湯が気になる夏風馨です。
こんばんは。
風邪はやっぱ葛根湯なんですが、勿論同じ風邪でも症状なんかで全然使われる漢方が違う訳ですよ。
それが漢方薬の魅力です。
で、新型インフルエンザが猛威を振るう中、OTCで麻黄湯@クラシエさんの広告が!

で、今日は久々に葛根湯とか麻黄湯の話でも。
長いので読む方は覚悟して下さい。


葛根湯はできる子ちゃんなので、結構汎用性の高い子だと思います。
葛根湯医者はやぶ医者の代名詞みたいに言うけど、葛根湯はつまりそれだけ色んな症状に効いてる訳です。

あ、葛根湯医者ってのはね落語なんです。
昔々ある町にとある医者がおりましてね。
町の衆がやってきて
「先生、頭が痛てえんで」
「ああ、頭痛だな。葛根湯をおあがり」
また町の衆がやってきて
「先生、おなかが痛いんでございます」
「ああ、腹痛だな、葛根湯をおあがり」
ある町の衆は
「先生、目が痛くて」
「ああ、葛根湯をおあがり。はい、次の方」
「いや、私はつきそいに来ただけで……」
「まあ、いいから葛根湯をおあがり」

これを葛根湯医者と言う訳ですよ。
で、葛根湯ってーのは別に風邪の薬じゃあないんだよって話なんですよ。
葛根湯は傷寒論や金匱要略に記載されている方で、太陽病期に処方されるんですよ。
風邪でなくても同じ状態の疾患には使える訳ですよ。
漢方の魅力。
……だから、葛根湯医者はそれを瞬時に見極めていたとすれば、名医な訳です。
肩凝りには効きますよー。
この間、風邪気味で飲んだら肩凝りが軽減しました。
でも、ふっつーに考えるとやぶに見えますけど、違うんだよー。
前にこの話をした時に途中で葛根湯医者=やぶ医者だと完全に思い込んでしまい、そうだと信じて後を全く理解して下さらなかったお医者さんがいましたが(苦笑)。

あ、で、話が逸れましたが麻黄湯の話ですよ。
麻黄湯ってのは、葛根湯と同じ麻黄剤、つまり親戚さんです(ぶっちゃけた!)。
最近流行のインフルエンザに効果があると言われて注目株な方剤です。
麻黄(君薬)、桂枝(臣薬)、杏仁(佐薬)、甘草(使薬)でできたお薬です。
( )内にあるのは漢方の考え方で使われる、君臣佐使と呼ばれる生薬の役割の考え方です。一考まで。
つまり、一番の役割を果たすのが麻黄って事です(またぶっちゃけた!)。
神農本草経によれば
『中風、傷寒、頭痛、温瘧(うんぎゃく)を主る。表を発して汗を出し、邪熱の気を去り、欬逆(がいぎゃく)上気を止め、寒熱を除き、癥堅積聚(ちょうけんしゃくじゅ)を破る』
……だそうです。

????

えーっと、神農様は難しくてよく解りません(主に漢字が)。
まず中風は外邪(悪い物)の侵入によって発熱、発汗、悪風が起きる病気です。因みにこの時の邪はそれほど強くなく、体がまだ抵抗できる段階にあります。
で、傷寒は寒邪の体内侵入によって起きる病気(腸チフスとかインフルエンザとか)の事です。
で、うんぎゃくって何って話ですが。これは熱感が強くて悪寒がない場合や悪寒の少ない状態らしいです。はぁ。
まぁ、体に病気になる物が入ってきて、頭痛やら発熱があるのに悪寒が少ない時に使いなさいって事ですね。
使ったら、表面から汗をだしてその邪を出し、それによる熱を下げ、咳や痰、吐き気を止め気血の流れを戻せますって事かしら。
有り体に言うと、麻黄はまず、体から発汗させます。
発汗により、邪(まぁぶっちゃけると悪い物です)を体から出すんです。
まだ病気になったばかりの状態では邪は体の表面にあるので、発汗などで外に出す訳です。
そして、咳や痰を鎮めます。
利水、去湿作用があり(体内の水はけを良くする訳ですね)、この作用が筋肉関節痛に効果をもたらす訳です。
でね、麻黄で有名なのがエフェドリン。エフェドリンは逆を返すと麻黄から分離された成分です。
エフェドリンって言うとドーピングに引っ掛かる交感神経興奮剤ですから、まぁ風邪の漢方薬飲んでもドーピングに引っ掛かるのはこれのせいだと思います。
大体の場合、スポーツ選手のような実証な方(体力のある人ね)だったら、そらまぁ基本的に風邪のひき始めには麻黄剤が処方されるでしょうから……うん。

で、麻黄湯全体がどう書かれているかと言うと、ここは傷寒論さんの出番です。
『太陽病、頭痛、発熱、身疼、腰痛、骨節疼痛。悪風し、汗なく、喘する者は、麻黄湯之を主る』
つまり太陽病期(初期段階ですね)で、頭痛や発熱があり、体が痛く(筋肉痛と考えて良い)、関節痛がある者で、悪寒がするのに汗をかかず、息苦しさを訴える者には麻黄湯が良いって事です。
インフルエンザの症状に合致します。
麻黄剤は本当に良く効きます。
体力のある人が、飲むと結構汗が噴き出します。
ここで注意が必要なのは、体力が元々ない人は麻黄剤を無闇に飲まないと言う事です。
これは危険です。ちゃんと漢方のお医者さんに相談すべきです。
タミフルやリレンザと言った抗ウイルス薬ではありませんが、しっかりと症状改善を行います。
自らの治癒力を上げるのが漢方の特徴です。

余談ですが、葛根湯も麻黄湯までとはいかずとも効果があるそうです。
麻黄湯と違って君薬が葛根です。まぁ、葛根湯ですからね。
葛根(君薬)、麻黄(臣薬)、桂枝・芍薬(佐薬)、甘草・生姜・大棗(使薬)となります。
……間違いなく親戚です。
葛根には解熱作用が実は強めです。この子が頭痛や筋肉痛に効くんです。
ただ、葛根湯は麻黄湯よりも関節痛への効果は小さいそうで、できれば麻黄湯です。
因みに一時期インフルエンザには大青龍湯と言うのがありました。
これもまた麻黄剤で、親戚です。ついでですが、花粉症で大活躍の小青龍湯も同じ麻黄湯です。
これは麻黄湯より強力です。
身震いするほどの悪寒がある場合に使われるもので、太陽病より少陽病に近いと思います。
ただ、エキス剤が小太郎さんにしかなかった(私の記憶なのであやふやです)ので、どうも処方しづらかった。
漢方薬と言うのは煎じるのは慣れないと多少なりとも面倒です。特にインフルエンザで大変って時に悠長にそんな事できないよってのが実情かもしれません。

結局、すぐに麻黄湯が話題に上っていた気がします。
麻黄湯は処方箋としても煎じで出せる薬です……確か27番。
末尾が7って事は多分ベージュとか茶系の袋です。
ツムラもクラシエもあります(シェア的に出逢うのはツムラの方が圧倒的ですが、私はクラシエのあのスティック形態が好きです、持ち歩きやすいし飲みやすい)。
勿論、OTCでも両社出していたと思うんですが、それが一般の広告に出ていた。しかも売り切れていたのが衝撃的だったって話です。はい。
因みに、我が家には麻黄湯はないので取り敢えず機会があったら買って補充せねばと思っています。

長々と本当にお疲れ様でした。
あ、一応ご質問などはコメントへどうぞ。
付け焼刃で書いたので、ミスを見つけた方はこっそり教えてください(笑)vv
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1516-5d51a225
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。