上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/30 19:24

親戚経由の攻撃
突然、釧路に住む祖母から電話があった。
とは言え、私は母を連れて病院へ行っていたので留守で、父に電話があったらしい。
どうも祖父が通院日だったらしい。
夏「え、何、どうしたの? 」
父「それが大した調子良いんだと」
え、良かったじゃん。
夏「で? 」
父「何かお前の事、来年待ってるって」
夏「はぁ」
父「大騒ぎになってたぞ」
釧路の親戚がね(笑)。
その後、祖母に電話したら大騒ぎだった(想定内)。
祖母「それがじーさん、大した絶好調で」
本当に超絶好調なのね。
祖母「自慢のお孫さんでしょ、って言われてな」
ほうほう……。
祖母「大した利発そうで、良かったねぇ」
因みに、北海道の人って“大した”を多用する。
祖母「来年、是非来てもらいたい」
って、待て。
それ誰から聞いたの(祖母は通院に付き添っていない)。
伯母さん?
祖母「したっけ、じーさんよく聞き取れたなって言ったんだー」
夏「あはは……」
祖父は補聴器を付けてはいるが、何か聴こえてるんだか何だか……聴こえてはいるようだが、大体聞き流されている。
でも、どうもその祖父がものっそ目をキラキラさせて帰って来たらしい。
夏「それは凄いね」
取り敢えず、何か祖父の喜びようからしてもこれは何と言ったら良いのか。
でも、今はその病院ではない方の病院とかるーく揉めているのでそれどころではない(笑)。

そして、母の通院。
何と今度は熱海に送られます。
熱海に皮膚科の漢方医がおられるのですよ。
その方に診てもらってみては、と投げられた。ぽーん。
そんな訳で、熱海箱根療養旅行が急遽行われる予感……。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://acdelusion.blog41.fc2.com/tb.php/1506-3e7ce2ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。