上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オペを見てると「左手をもっと器用に使えるようになりたい」と思う夏風馨です。
こんばんは。
私は普通に右利きなので左手は不器用。
元より右手すら器用に扱えないのですが。
思わず、オペを見学しながら空中に文字を書く練習をしてみた……ら、術野に入っていた研修医にばっちり見られた。
ががーん。

ここ数日、よく解りませんが、何でも『ちゃん付け』してます。
オペは『オペちゃん』だしヘルニアも『ヘルニアちゃん』に。
とうとう何かが瓦解したようです。何がかは解りませんが。

朝、KQに乗ったら、一面Y市大の広告でした。
ってか、2種類しかない広告なので、学長の顔が50%を占めると言う……濃いよ、濃い。
お蔭で眠れず(笑)。
まぁ、コンタクトも電車で入れられたから、時間短縮できて助かったけど。

何かほとんど何もしない内に一外第1週が終了した。
あれー、良いのかなぁ。
スポンサーサイト
朝8:00に招集されても夕方まで放置されている夏風馨です。
こんばんは。
いやー放置プレイ過ぎて、弱ってきましたよ(笑)。
私、寂しがり屋だもーん。

東医研にミーティングから参加。
いやはや、良い部活になったなと嬉しい限りです。
で、その後は殿に今週の出来事を報告をして盛り上がった。
何だそりゃ。
そんな訳で夕飯は殿を囲む会ってな事で(偶然も重なって)、殿を女五人で包囲しました。
「ポークソテーも良かったかもー」
隣でポークソテーを食べる殿にぼそっと呟いてみる。
「隣の芝生は青いってやつですね~」
後輩の発言はごもっとも。
「……検体、出まーす! 」
解る人だけ笑って下さい。
因みに、他の後輩達はぽかーん。
「先生、こちらの方も検体に出しますか? 」
「ああ」
「解りました」
自らハンバーグを切るも柔らかいので難しい。
「分割で検体にするんだ! 」
「はいっ、先生……検体、出ます! 」
「これはホルマリン固定で後は生食保存だ~」
ぽかーんとやり取りを見守っていた後輩が一言。
「あー病理ごっこですかー? 」
確かに病理っぽいが、これはオペごっこだと思う。
「あーはははー」
ラスボスだー。
「ん~良いんじゃないかなぁ~」
殿の上司の真似。
更にはDr.カモノハシの真似まで。
……そして、また周りがぽかーん。

やば、内輪ネタ過ぎた……いかんいかん。

2007/11/28 18:42

気になる歌声。
絶賛燃え尽き症候群な夏風馨です。
こんばんは。
今更ですが、一内は楽しかったなと思ってます。
否、将来の職場云々は抜きにして考えてね。
あの3週間は結構マッハでしたよ、特に最後の4日間。
まぁ私が色々ギリギリだったせいなんだけどね。

今日は甲状腺癌のオペ見学だったんですが、BGMが嘉門達夫って、えええー。
「ってか、これはちょっとどうなのか」
まぁ『鼻から牛乳~♪』とか言ってないだけマシかもね。
「そうですよね~そう言えば、以前患者さんから投書がきたらしいんですよ」
「どんな? 」
「小田和正の『さよなら』はやめてほしい。手術受けるのに切なくなったって」
うわー。
小田和正ファンの私もどん引き。
手術前に『さよなら』は聴きたくない。
「……は? 」
「だから、小田和正の『さよなら』ですよ~」
「……ああ、ってか、シュールだなぁ」
頭上を流れている嘉門もだけどね。
そして、よく解らない選曲の中で、明らかに小田さんらしき歌声があったのだけど……判らなかった。ちょっともやもやしてます。

一外の医局の棚に積んであるのはカップ麺。種類はかなり豊富。
そして廊下に箱で積まれているのは加味逍遥散、五苓散、桂枝茯苓丸……謎だ。

今日はオペ後、休憩と言われたけど集合時間を指示されなかったので15:30までロッカールームでレポート書いてました……一内の。
一応完成したけど、15:30過ぎて提出できず。明日は絶対提出するぞ~!

……ってか、何もしてなかいのにもう1週間の真ん中だ(笑)。
改めて内科の方が性に合っていると思った夏風馨です。
こんばんは。
第一外科では何か自らの存在を持て余しています(笑)。

今日、エレベーターでコラーゲンのU先生と遭遇しました。
「そう言えば昨日患者さんが……」
「え? 」
「あ、もしかして実習終った? 」
せ、先生……っ!
新しいグループの学生がいる筈よ!?
まぁその昨日何があったかは気になるけどね。
……因みに、偶然にも殿のメールで何となく事態が把握できました。
確かにそりゃ私(≒学生)と語りたかっただろうよ。

今日はクルズスが2つの筈が、2つともキャンセル。
否、最初からキャンセルならともかく、行ってからキャンセルを宣告されると言う後手後手な事態。何だかね。
「ごめんなさいね~でも夕方美味しいお弁当あげるから許してぇ~」
それも、医局の金じゃないだろうよ(笑)。医局の棚に積まれたカップ麺の山は何かを物語っている。

今日は飲み会でした。
グループ打ち上げは楽しかった……んだけど。
やっぱり、疲れた~医局の空気が合わない~!!
あまりに個人行動だったためにグループメイトから先に帰ったと勘違いされた夏風馨です。
こんばんは。
まぁ呼吸器グループは一人なので必然的に一人で行動なんだけれどね。
ゆっくり昼寝したり、レポート書いたり色々できましたよ。
一内の時よりゆるゆるだー。
↑恐らくモチベーションの違いもある。

そんな訳で今学期最後の1クールの第一外科が始まりました。
オペ室に流れていた曲が、かーなーり、シュルレアリスムでした。
だんご三兄弟は流石にどうなのか。

もうその後で『もののけ姫』が流れようと河村隆一の『Love is...』が流れようと、何か意外と平気でした。

頭の中を木霊するだんごコール。どわわーん。

昼は早めに解放されたので違うグループと食べて久々に昼寝を敢行。
途中、今日から一内のコラーゲンと言う某友人に情報提供したりして、レポート書き。後は考察だけだ~、お~う!

途中、記録室に戻ったら胆嚢結石のオペ見学に入る事に。
先生方はみな丁寧で助かります。
今日はヘルニアと胆嚢結石のオペ見学……因みに回っているのは呼吸器・内分泌グループですよ(笑)?

それはそうと、明日はグループで飲むらしい。
一内を打ち上げるらしい……一外2日目に。

2007/11/25 23:46

色々買い物vv
束縛されるのは大嫌いな夏風馨です。
こんばんは。
本当は組織で何かするってのは得意じゃない。他人から押し付けられるのも苦手だし。
そんな訳で、束縛されるのは駄目です。
だから、束縛するのも嫌いです。

今日はバイトした後、母と買い物。
新しいマフラーとか、タートルネックのセーターとか、ワンピとか靴とか。
わらわら買ってもらいました。えへ。

明日からは外科です。
メジャー外科は初めてなのでおっかなびっくりです。
わふー。
頑張るぞー。

2007/11/23 19:13

よくねたー。
夢の中でグループメイトに「ヘルツに行ってくれて有難う! 」と言っていた夏風馨です。
こんばんは。
来週からは呼吸器外科の予定です。
一内で呼吸器はほとんど見れてないからなぁって感じです。

さて、一内も終り、今日はかーなーり、寝ました。
12時間くらい寝ましたよ、ええ。
バイトがなければもっと寝てたかも。
何せ本日のバイトは3時間コースだったから大変でした。
通常の2倍だし(笑)!
数学Ⅲを3時間はそりゃ疲れますよ……次回もそうらしいけど。

にしても、教え子の白衣萌えっぷりにはちょっと微笑まずにはいられません。
往診先で朝ドラのヒロインに似ていると騒がれた夏風馨です。
こんばんは。
似てないと思います……よく知らないけどさ。
往診先のおばあちゃまが騒いでました。
似てるって言われるかと問われましたが初耳です。寝耳に水ってやつです。

さて、試問と言う名のプレゼンは無事に終了しました。
3分で受持ち患者さんの病歴、経過を説明ってノルマを3分1秒でクリア。
教授よりお褒めの言葉を頂きました。
リハーサルでも3分20秒だったり、速くて3分5秒だったから快挙ですよ、ええ。
まぁ22:00くらいまで記録室に詰めたなんて初めてだったかも。
因みに昨日は殿がかなり精神病んでて、記録室でパソコンに落としてあるエヴァかけてました。
しかも、かの有名な『最後のシ者』ですよ。
やーめーれー。
私の思考回路に台詞がー。
「好意に値するよ」

「好きってことさ」

うわー石田さーん(爆)!

やばかったです。色々と。

今日は昼から診療所実習。
楽しかった……特に往診が(笑)!
因みに往診はドクターと何故か二人きりのドライブでした。
紅葉狩り@鎌倉。
往診先で、体脂肪測定機能付体重計の使い方を指導して、重宝されました。えへ。
ポメラニアンは毛を刈ると豆柴になるらしいです。
これ、テストに出ます(嘘)!

やっぱり往診って良いなぁ、と思いました。でも車の免許がないから駄目だけど。

東医研の伝説のOGに逢い、東医研の話で盛り上がりました。そして、東医研打ち上げと言う見事な流れ。

明日から三連休!
休むぞ~!!
明日のプレゼンは上手く乗り切れる気がしません。

プリン食べて頑張ります。

……もしかすると、銀行のカード落としたかも。
明後日のプレゼンが恐怖の夏風馨です。
こんばんは。
今朝の英語プレゼンは質問が高度過ぎてプレゼンターの私が置き去りになってました。
木曜は日本語だけど、指針が立たないー。
……一夜漬け?

HANEの説明でpathwayを出したらどよめいたんだけど……私の方が動揺した。
空気って本当に動くのだと再認識。
質問はだいたいがU准教授が蹴散らしてくれました。
感謝感謝。
最後、どうしたものかとU先生を見たらオッケーサインを繰り出し、カンファルームを笑わせてくれたり。
素敵な先生です(笑)。

カンファ後、テンションがおかしかった私はアイドル研修医のM先生を軽く口説いてしまった。
「先生、学生の間で有名なんですよ~? 」
「えっ、何で? 私、ひっそり生きてるのに~」
絶対に間違っているが、そんな事はこの際関係なし。
「M先生は綺麗だから、自分ではひっそり生きてるつもりでも、存在自体が輝いてるんですよ」
「何言ってるの~」
「本気ですよ~こんな事で嘘吐いてどうするんですか~」
貝なら即砂吐きだな……って、どんなテンションだったんだ。
よもや緋川が憑依したのか!?
緋川降臨!?

その後も訳の解らないテンションで一日を過ごしてしまった。
がこーん。

※ 緋川諒一は生きています。彼もまた元気に実習しています。

2007/11/19 21:46

無理矢理 英語漬け
英語は激☆苦手な夏風馨です。
こんばんは。
家庭教師の科目は英語だけどね。
それはそれ。これはこれ。
そんなこんなで明日は英語症例発表です。
何故か英語激☆苦手な私に当たった症例は非常に稀な疾患で、病態説明とかもしなきゃいけないらしい。うぐぐ。
これのせいで精神が危うく崩壊するところでした。
まぁ明日崩壊しているかもしれませんが。

今日は昨日の後遺症で午前中ほとんど寝てました。15分タイマーを付けたのに、止めて二度寝しました……記録室で(笑)。
人参養栄湯が手放せません。

そんな訳で、日本語スペックの私の周りは今日に限って英語漬け。
頭も大分フル稼働させましたよ……自己ベスト?
結局おっぱっぴーは見れなかった夏風馨です。
こんばんは。
某有名人のせいで学祭が物凄い状態になってました。
ってか、もう何て言うか友人のお母さんがどんぴしゃなタイミングで私に予約を入れていて、見られなかった……この~ぅ!

取り敢えず、詳しくはまた後日。

2007/11/18 23:59

学祭 ←→ 一内
朝、ひょんな事から母と喧嘩してしまった夏風馨です。
こんばんは。
25歳にして泣きながら外を歩きました。
否、止まらないんだもん。

美術愛好会は頼もしい仲間達のお蔭で間に合ったし、東医研は大盛況でした。
私はあまり働いてないけど、英語プレゼンのせいで憂鬱です。

もう泣いて良いですか……?

疲れ過ぎて血虚気味です。
でも、明日も頑張るぞ!
長い一日だと心から思った夏風馨です。
こんばんは。
最大級に長く感じた。
てんこ盛りてんこ盛り!
びっくりびっくり!!
……みたいな感じです、はい。
グラム染色は一筋縄じゃいかないとか、
言葉の壁はなかなか大変だとか、
矢張り太ったらいけないとか、
殿が渾身の歓声を上げたとか、
I先生の嫌味と言うかいびりは毎回凄いなとか、
私に振り掛からないのは偏に殿がいるからだなぁとか、
HANEって日本に35家系くらいしかいないのかとか、やっぱりそんな症例の英語プレゼンは無理だろとか。
……ぐったりですよ、全くもってもう。

さて、明日の学祭は東医研と美術愛好会にいます。
今回は新作が間に合わず、過去の作品(1997とかあったよ)まで掘り出しました……まぁ展示した事もなかったやつが多いから良いかな、みたいな。

まぁ、気が向いた方は遊びに来て下さい。
東医研では癒しますよ~!
肩凝りを通り越して肩が痛くなった夏風馨です。
こんばんは。
何故か異様に疲れてます。
帰ったら千年灸するぞ!

今朝は寝坊して大変危険でした。
通常と同じ時刻に着きましたが、朝御飯は食べられませんでした。なむー。
そんな中で間食もほとんどなしで色々やりました。
初めての内科予診取り。あまりに所見がなく途方に暮れました。
そんな中、私はまた新しい疾患を知りました。

HANE――家族性神経血管浮腫。

否、専門医も見ないらしい。

シルマーとサクソンは同時にやると大変辛そうです。
何かだんだん見てるこちらが辛かった……本当にシェーグレンな人だったらやばいと思います。うん。

またグループで患者さんが亡くなり、お見送りしました。
二週間で二人目のお見送り――人知れず病院を去り行く車に手を合わせ、頭を下げました。
死を目の前にするのもまた自分の心に刻まれる体験だなと思います。
その後、英語プレゼン担当になった患者さんを見に行く。
先生方曰く、教科書的らしい。

東医研に何とか顔を出し、また病棟へ。
へろへろになっているところに美味しいプリン。
殿との血みどろの争い(笑)の後に半分こしました。最初からそうすれば良いだろ。
そんな訳で、癒された……プリンに。

夕飯でボージョレ・ヌーボー解禁。
ってか、生まれて初めて飲んだけど、意外と飲みやすくてびっくりびっくり!
これにも癒された。

明日、とっととHANEのプレゼン作ろうっと。
血みどろの戦いになりかけた夏風馨です。
こんばんは。
一内名物の英語新患プレゼンで危うく本当にやばい症例にぶち当たりかけました。
多科にわたる疾患のオンパレードな上に病歴がダイナミック。
もう、突っ込みどころは満載!
ただでさえ英語は苦手なのに、やばいやばい。
そんなビッグなのを私に渡そうとしたのは殿だったりする。
「ほぇ……っ」
↑T准教授が私の話を聞いてカルテを見た反応。
「これはやばいよ……学生のプレゼンにはちょっと……どろどろになるよ」
どろどろ!?
「これはやばいですよ~」
先生一同、意見が一致。
「日本語でもこれはきついよ~」
「血みどろの戦いですか? 」
「うん、まぁね」
そんな訳で、その症例発表は殿に回るらしい。
ネタで英語を披露するらしいので、期待してみよう……ってか、きっと凄いんだろうな。能力高いし。

突然だがたとえ話である。
怪人と戦闘員がいたして、その戦闘員がやる気のない戦闘員だったら怪人は苦労するだろう。
「き~(全くやってらんねぇよ)」
とか、怪人にとっては困る。
そして、その理由が幹部にあったらどうにもならない。
ちょっと、そんな感じの状況は嫌だなって話……自分が怪人の立場なら耐えられないよなぁと。ってか、戦闘員は増えないだろうな(笑)。自分が戦闘員なら辞めます。少なくとも定職として選ばないな、この条件下では。

さて、今日は自分の進む道をちょっとだけ明確にした気がした一日でした。
言いたい事をその通りに言って、求めるモノが多少なりとも得られるのは幸運だと思う。

2007/11/13 19:59

目がー目がー。
突如視界がぼやけて目薬パルスをした夏風馨です。
こんばんは。
バルスではありません。パルスです。
似て否なるものです。
取り敢えず、某所で大人気の某大佐と今回の話は全く関係ありません。

火曜は教授診察室(略して教診室)にて合同診察みたいなイベントがあるのだが、ここで突然視界がぼやけた気がした……しかも片方だけ。
慌てて片目ずつ視界確認したら、右目が完全にぼやけていた。
落とした!?
思わず左目だけで足元を探すも見当たらない。
「どうした」
「あ、否、その……コンタクトが……」
「動くな! 割るぞ!? 」
「だっ、大丈夫だと思います~」
慌てて叫ぶ教授に首を振った。
「多分これは落ちたんではなく、奥に入り込んだのだと……」
「それなら痛くて出てくるでしょう」
なぁんだ、と言わんばかりの教授に私の代わりに指導医のS先生が答えた。
「ソフトだとあり得るんですよ~」
「すぐに出てくるでしょう? 」
「……それが、前に3時間出てこなかった事があって、2つ入れた事もあるんです」
教診室、大ウケ。
こっちは真剣に格闘してるのに。
「あるよね~私もある~」
同類発見。
よもやこんなところに仲間がいようとは思わなんだ……。
そんな事より目薬滴下開始。
「あるのか!? 」
「ありますよ~入れたのに、視界がぼやけたとか」
「確かに私もよく見えないなぁと思って眼鏡掛けたら、もう眼鏡掛けてた事あるなぁ」
それは、老眼鏡と普通の眼鏡って事!?
やっぱりいる。
コンタクトの違和感出現。
なおも目薬滴下。
「見えない時に眼鏡を取るようになったら歳ですよ~」
ろ、老眼って事か。
T准教授、切ないからっ!
私の格闘を余所に眼鏡やらコンタクトのネタで盛り上がる一同。
「……あっ! 」
ご丁寧に折り畳まれた状態で摘出されました。
思わず歓声を上げてしまった。
目薬なかったらアウトだったよ。

今日は久々に採血の練習。
翼針でやられた私はちょい痛かった。
ってか、血を抜かれながら笑顔で写真は不気味だと思います。
私は真空管採血。
見やすい血管だとやりやすいのね。

でも、前腕から一発で血ガスを取ったK先生をかーなーり、見直した。
と言うか、あの人は『天才と馬鹿は紙一重』って諺が似合いそう……とか言ったら怒られるか。うん。
久々に一人で漢方薬を煎じた夏風馨です。
こんばんは。
漢方薬はあまり好まないグループメイトが風邪気味で弱りかけていまして。
「こんな時こそ和漢のなっちゃん! 」
と言うよく解らない判断で、すがられました。
実は他人に本気で漢方診察した事はないんだけど、まぁ要は感冒初期ってな訳で腹診なしで対応しました。
でも、生憎エキス剤は手元になく。
部室で煎じました。

まぁ拙い症例報告をば。
症例 22歳・男性
主訴 軽い咳、悪寒
所見
体力中等度
自汗(-)、鼻汁(-)、関節痛(-)、四肢末端冷え(-)、悪寒(+)、喉の乾き(+)
脈:浮・数
舌:淡白色・舌苔(白)
最初は麻杏甘石湯にしようかと思ったのだが、『石膏』がなかった……。
↑メインディッシュ抜きのフランス料理のフルコースみたいなもんだ。
色々と考えましたが、まずはオーソドックスに葛根湯に。
……葛根湯医者か(笑)。
漢方薬は初めてと言う彼に、最初から煎薬はきついかなぁと思いましたが、煎じ途中の匂いにも拒否感は示さず。
美味しく頂いてくれました。
比較的飲みやすい処方なので、煎薬デビューには適してたかしらん。少しは効けば良いけど。
まぁ明日、桔梗湯エキスでも持って行こうと思います。

今日は朝回診後はひまちんでした。17:30の夕回診までフリーでしたからね。
そんな訳で、煎薬を処方したりマッサージをしたりできた訳ですがね~(笑)。

今日は良い皮膚の日。
11/12だから。
スキンケアを考え直してみましょう!
で、皮膚と言えば……インフルエンザワクチン後の腕がまだ腫れてます。
自発痛はありませんが、圧痛ありです。ツ反の硬結も取れません(笑)。
今、私の左腕の皮膚はいい皮膚とは言えません。がくり。
気管支の太いあなたが好き、と言う発言でツボにはまった夏風馨です。
こんばんは。
呼吸器の先生が気管支ファイバーの映像見ながら冗談で言ったのですが、笑ったのは私だけでした。
何故だろう。
面白いじゃないか~!

インフルエンザワクチンがまだ痛い今日この頃。
こんなもんだったっけ?
確か今までこんな風に腕が二日間も痛かったりした事はなかった筈ですが。
そんなこんなで一日中寝てる羽目に……本当に最悪です。
やむを得ず、東医研の練習も休みました。はうぅ。

明日には復活しなきゃ~!!

20071110202624
インフルエンザの予防接種の痕が何故か赤く膨隆して熱感が取れない夏風馨です。
こんばんは。
何だか腕が重いです。熱いです。
先程見たら凄い事になってました。
まぁ鈍痛までするからなぁ。見事です。

今日は久々にフルヴァージョンのバイトスケジュールの予定でしたが、3件目がドタキャン。
まぁ高校2年の2人を面倒見てきます。
身体にとってはその方が楽かも、と思ってます。あまり身心状態は良くないので……諸々の事情によりちょっと気持ちは沈み気味。

でも、そんなの関(以下略)!
いつもよりやる気を出してはいた2人目の指導は相変わらず掛け合い漫才の様相。しかして、何故彼のお姉ちゃん(私の大学2年の頃の教え子)はあんなに私に主張が激しいのだろうか(笑)?
誕生日まで主張されました。え、プレゼントを期待されてるの!?

そんな中、私の街にクリスマスツリーがやってきました(fig.1)。
高さ15mだそうで。
いつもよりおっきい。
駅前が一気に華やかになりました。
何故か某友人に病理学の話をした後から病理絡みのイベントが多い夏風馨です。
こんばんは。
朝から病理学の一次検査と呼ばれるカンファに行ってきました。
と言うか、朝回診の後にそんな話がぽんって涌いたと思ったら、殿が「彼女、病理好きなんで連れて行ってやって下さい」などとしるっと言い、行かざるを得なくなりました。
否、確かにあーゆーの楽しいんだけどさ(笑)。

昨日の昼、グループ内の可愛い研修医M先生と殿ことK先生と三人でごはんを食べていました。
「そう言えば、××さんって今日退院で良いんでしたよね」
「そうそう」
「あのお腹、どうなるんですか~? 」
そこか。
まぁ本人も気にしていたからね。
「んー、26週だった」
否、男の人だから!
「想像妊娠ですか~」
そんなんで納得しちゃ駄目よ、先生!
「想像妊娠? 」
「えっ、K先生、知らないんですか……? 」
想像妊娠はちゃんと医学用語だぞ。
「犬もするんですよ~」
「えっ? 」
今、何と!?
「私の友達の飼ってた犬がね、想像妊娠した事があってね~」
どどーん。
私の中で何か弾けそうだったよ。
犬の想像妊娠……犬の想像妊娠……
「何だそりゃ」
「妊娠じゃないって解ったら、ふーってお腹が凹んだんですよ」
人語を解するのか。
「待て、それって冗談だろ」
「女には常識ですよね~男の人には常識じゃないんですかね」
「そうじゃなくて……だいたいスカートのファスナーが後ろだとかポケットが前とかそれとは別問題だ! 」
確かに別問題だが……まぁ似たようなものかと。
「だいたい何で起こるんだよ」
「まぁ人間なら~、例えばある男と不倫関係に陥った女の人が妊娠すれば振り向いてくれる、みたいに思うあまり……とか」
「そうそう、男って罪ですよね~」
殿、危機。
「……ってか、お前ら何で俺を見るんだ」
それはこの中で男はK先生だけだから。
「それって体の機能はどうなってるんだ」
「妊娠状態」
「お腹も大きくなったりするんですよ」
殿、驚愕。
「何が入ってるんだ、何が!? 」
「ピノコ」
思わず我が耳を疑った。
「い、医学用語で言いなさい! 」
そして、にわかに出てこない。
もうピノコで良いよ。
因みに、正式名称は奇形腫[teratoma]です。
ってか、それじゃ腫瘍じゃん!
どうやって消えるの!?
「でも、あれって妊娠じゃないって判ると元に戻るんですよ? 」
「何!? 」
その後、議論は続き、子宮には何が入っているのかと話題になった。
「病理学に訊けば良い」
マジっすか。
驚く私を余所にK先生とM先生はそれでコンセンサスが取れた模様。
「俺が訊いたら『そうか、先生もか~』とか言われるかな」
……も、って何だ。
まぁ女の人が疑われるとなったんじゃないかと疑われるだろう。
結局、用事半分勢い半分で病理部に行ったが、病理部のY先生は忙しくて訊けなかった。
後輩にこの質問をしたら
「ママ、それは想像が入ってるんですよ! 」
と、素敵な答えを返してきた。
想像が詰まってるんだ……納得。

で、今日。
食堂に行ったら、殿がY先生やラスボスやらと食べているところを発見。
「あ、K先生」
「昨日の事、訊いてみたけど、解らないってさ」
本当に訊いたんだ!
「で、何でそんな話になったんだ? 」
私を疑いの眼差しで見るY先生。
「何でだっけ」
「……確か、殿の患者さんのお腹が膨らんだ話で、そのお腹を26週とか言ったからでは? 」
しかも、男性患者さん。
因みに原因はステロイドパルスだと判ってはいる。

余談ですが、想像妊娠でお腹が膨らむのは、腸内ガスだそうです。

……想像がガスになったんだよ、多分。
突然愛機に裏切られた夏風馨です。
こんばんは。
指紋認証するくせに、ログインはできないと言う謎。
何なのさ、本当に。

今日は朝からボウケンジャー。
とは言え、今回は初めて臨床側から参加。
そして初めてのボス以外の剖検を見ました。
ボスの偉大さを再認識。
やっぱりこれも一種の芸術だと思う。
死装束を纏い、死化粧を施して家族の元へ戻った患者さんに焼香して切なくなった。
涙はやっぱり出なかったけれど、胸は苦しかった。

今日のイベントはそれくらい。
ってか、今日は指導医がほとんどいなくて、殿と可愛い研修医の三人で動いてました。
昼過ぎに殿から解放令が下されるも、夕方にカンファだったり勉強会だったりで、東医研には遅れました。

さて、夕飯を食べつつ、剖検と殿の上司について盛り上がっていました。
まぁ殿の上司は若手をいじめるのが好きで、私はロックオンされてるんだけど、前回は殿にフォローされ、何とか回避しました。
曰く、あそこで私が何を発言しようがやばかった模様。くわばらくわばら。
……って、夕飯中にそんな話は良くないよなぁ。
まぁ昼食の話題も微妙だったけどさ。
あまりに色々あって色々忘れた夏風馨です。
こんばんは。
実習で初めて人間の死に直面しました。
本当に急な事で、信じられなかった。その30分前は安定していたのに……あっという間だった。
死亡確認をされ、泣きすがる子供と静かな夫を見つめながら、祖父が死んだ時を思い出した。
ステロイドパルスをするからと入院し、その翌日に亡くなった祖父。
それを祖母と伯父二人と妻、母そして私で看取った。
死亡確認され、その亡骸に泣きすがったのは母と私で、祖母は覚悟できていたのか、取り乱したりはしなかった。
長年連れ添った夫婦は意外とその死を静かに見つめるのだろうか。それとも、呆然として涙も出ないのだろうか。
そんな事をずっと考えながら患者さんの抜管をし、遺族への説明に立ち会った。

今思えば、祖父は『天寿を全うした』のかもしれない。
亡くなった後、祖父の遺品から、自らの死後についての諸事を書き綴ったノートが出てきた時、祖父は人生の終りを薄々感じ取り、準備していたのだと思った。その準備は十分ではなかった。遺していく祖母の事を最期まで心配していただろう祖父にはまだ少しだけ時間が必要だった。その点では天寿には少し早かったのだろうか。

死とは必ず訪れる。
急にやって来るか徐々に忍び寄るか。
私はできるなら後者を選びたい。それを受け入れ、残された時間を最大限に生きる――それが矢張り理想に思えるから。
あくまで今の私にとっての理想論で、それは計り知れない恐怖を伴うのだろうけれど。

明日は半年以上振りに剖検へ入ります。
多分、ボス@ボウケンジャーと再会……らしい。
思わぬハイテクの登場に驚いた夏風馨です。
こんばんは。
どんなハイテクかと言うと、ステート(親機)で聴取した音を電波を受信して他の人間のステート(子機)で聴くと言うシステム。
ハイテクだなぁ。
でも、親機の電池切れで敢えなく使用不可と言う顛末に(笑)。
あり得ない~(爆)!

今日は火曜日。つまり、新患カンファ&教授回診でした。
わらわら回ったのですが、色々と不穏な時間を過ごしました。
不穏なのは学生ですがね……まぁ色々とあるのよ、色々と(笑)。
まぁそれはさて置き、膠原病カンファはためになる内容が多かった。
私の持っていたStepにインデックスが付いてるとこから突っ込まれた。
そこ!?
まだ、もう一つの膠原病の診療ノートを突っ込まれたのは解るけれどさ(笑)。

明日から膠原病グループが手薄。
ってか、まったりやってって言われたけど、そんなんで良いの(苦笑)!?
先生に教えてもらった暗証番号を二度も忘れた夏風馨です。
こんばんは。
聞いた側から忘れ、記録室の扉を前にまた忘れました。
何をやってるんだろう、自分。

季節は巡り、メジャーな季節になりました。
たとえメジャーリーグはシーズンオフだろうと、私の中ではこれからがメジャーシーズンなのです。
で、私は一人で膠原病内科です。
おとなしくSLEの勉強をしてたら、殿に捕獲され、めでたくこき使われました。否、まぁ……何の役にも立たないんだけどさ。

毎朝8:20って微妙な設定ですが、頑張らなきゃ。
明日は8:00からカンファ&回診。
特に遅刻しないようにしなきゃね(笑)!
寝起きは激悪い夏風馨です。
こんにちは。
最近はとみに悪いです。疲れてるのかしらん。
まぁ、だんだんテンションが上がってくるので立ち上がりがゆっくりなだけとも言う。
朝に元より弱いしね。

そんなこんなで浜大祭に行ってきました。
後輩達のところに色々と出没しました。
某喫茶で後輩がいるか尋ねたら、今日は出てない事が発覚。
「あ、××ちゃんのお母さんですか? 」
がびーん。
いくらいくら彼女がまだ18、9の乙女でも、その母親って40歳くらいじゃん!?
そんなに更けてる!?
「違いますけど……まぁ似たようなものですから」
更に模擬店を歩いてたら、不意に背後から声を掛けられた。
「東医研の先輩! 」
誰!?
振り返ってみたけど、判別付かず。
「去年東医研に顔出してた4年の○○です~お久し振りです! 」
「ああ、久し振り~」
そして炒飯を買わされる(笑)。
「今年もそっちの学祭行っても良いですか~? 」
「勿論、歓迎するよ! 」
管弦楽の後輩達に声を掛け、合唱のミニコンを聴き……なかなか楽しかった。

その後、シーパラへ。
中国語表記だと海島楽園らしい。
そんなこんなで、人生初のシーパラです。
アクアミュージアムのペンギンに笑い、ショーで笑い、ドルフィンファンタジーではシロイルカに癒された~!
ふれあいラグーンも楽しかった……んだけど、流石に時間が遅かったから寒かった……。
今度はもっと早く来よう、と心に誓ってみたりするこの頃です。

何故か、海の動物ショーの始まりの音楽がゲキレンジャーのメインテーマだった。
何故だ。
獣拳だから? たぎれ獣の力だから??
まぁショー自体は……うーん、中途半端かな?
エンターテイメント性はあったけど。

帰りKQで寝過ごし、蒲田まで行ってしまうと言うアクシデントはあれど、楽しい一日でした。

明日から一内!
頑張るぞ、おーっ!!
背が低いがゆえに可愛い看護師さんに笑われた夏風馨です。
こんばんは。
数日前の話ですけど、スクリーンを下ろそうとしたら、紐に手が届かなかったんですよ。
で、背伸びしてやっと届いたんだけど、紐に逃げられたと言う……切ない。
でも、あんな愛らしい笑顔が見られるなら笑われても良いかなと思いました。
因みにその後も、何故かスクリーンが途中で上がりそうになり、それを押さえてたらまた笑われた。

言う事を聞いてくれなかったやつを今日は力で押さえつけてやりました。
あまりに抵抗するので、予定より長期戦になりましたが、敢えて言いましょう。

抵 抗 は 無 意 味 だ。

元ネタ判る人だけ笑えばええねん。
まぁお蔭様で楽になりました。
良かった良かった。

文化の日なので、薔薇の話。
別に薔薇疹とか言わないのでご安心を。
某日、外来に初老の男性がやってきました。
「かみさんに何か礼をしなきゃ。先生、何が良いと思う? 」
「薔薇100本」
即答ですか、先生。
そして後ろに座っていた私に問うた。
「先生、薔薇って1本いくら? 」
「えっ、私貰った事もあげた事もないので詳しくは……」
「200円くらいか」
「ピンキリでしょうね。高ければ500円とか……」
逆に安くて200円くらいな気がする。相場は興味のある人は調べて教えて下さい。
「高くても5万だ」
「やってみます。有難うございました」
患者さんがニコッと笑んで診察室を出ていった後、先生は肩を竦めた。
「あれくらいの年齢だと贈れないもんなんだよ、薔薇100本」
「そうなんですか」
先生の場合はどうだろうと疑問発生。
寧ろ薔薇100本贈る姿は想像しづらい。
それを代弁するように看護師さんが尋ねた。
「じゃあ、先生はどうなんです? 」
「俺は30本だな」
でも、30本贈れるなら良い気がする。
花で落ちない女はいない、と幼い頃観たアニメで言っていたけれど、花束を貰えばやっぱり嬉しいものです。
70歳になって薔薇100本を貰えたら、多分幸せなんじゃないかな。
薔薇絡みでもう一つ。
青薔薇――BLUE ROSEと言ったら不可能の象徴でしたが、今はその不可能が可能になってきてますね。
2月に奥さんにプレゼントしているラスボスを見て、ちょっと素敵だなって思いました。

明日は大学の学祭に行ってみようと思います。
実は一年の時にちらっと顔を出したきりです(笑)。楽しみです。余力があれば、人生初の海楽園(シーパラ)に行ってみようかな。
フリークォーターで得たのは左右の副腎の見分け方だと思う夏風馨です。
こんばんは。
左右比べて平べったいのが右です。肝臓に圧迫されているからです。
まぁ著明に異常なやつとかは判りませんがね……。
クラスメイトに病理学へ進む人がいるならやめようかなと思っています。病理学に行くなら独りが良いと常々思っているので(笑)。

今日で泌尿器科は最後でした。
総じて雰囲気が好きだった科でした。
ただ泌尿器を将来扱いたいかと言ったら答えに窮する。
オペの前立ちや前立腺触診や、手技的な経験はとても貴重だったと思います。まさかまさか前立ちを経験するとは思わなかったけど(笑)。
がんセンター泌尿器科の先生三人は本当に好い人で(癖のあるキャラクターだったけど)、私みたいな外科手技なんて忘却の彼方の馬鹿学生に丁寧に教えてくれました。
本当に有難い事です。
あの先生方にはまた逢いたいかも。
大学でのラパロによる部分腎摘も興味深かった。

来週からはメジャー内科の筆頭にある第一内科です。
興味はある科なので、まぁ楽しみではあります……が、相変わらず呼吸が若干しづらいのが不安です。
最近喘息のような気管に痰が絡んだようなぜいぜいした音が微かにするようになった夏風馨です。
こんばんは。
別にこの歳になったからと言って喘息にならない訳ではないのであり得ると思いますが……どうなんでしょうか。
否、どうもこうもないんですが。
単なる風邪って可能性もあるし。
でも、こんな呼吸になったのは初めてなのでちょっと心配です。

今日の出来事=オペ。
それでも良いかもしれない一日でした。
オペ5時間だったのでちょっと疲れました。
まぁ人生思うようには行かないのよ。視野があまり良くなかった分だけ8時間超の前回より辛かったかもしれません。
今回の症例で学んだ事は

鉄は熱いうちに打て。脂肪は早いうちに取れ

手術にとって脂肪はマジ大敵です。
脂肪は本当に術野の邪魔をするし、神経や血管剖出が大変だし、標的臓器を出すのに時間ロスするし。
良い事ありません。

夜は勉強会だった訳ですが、先生と共にタクシーで行き、タクシーで自宅に帰るという贅沢っぷりでした。あらまぁ。
講演していたのは昨日まで大変お世話になったがんセンターのO先生だったりして。
しかも口出ししているのはその上のM先生(笑)。
回が終了した後、たまたま目が合ったのですが、M先生には軽く絡まれ、O先生は何故か私を見つけてジャンプして主張してました。可愛い。お茶目だ。
因みに夕食に出たお寿司は美味しかったー。
雨が降ってきてたので、タクシーは本当に助かった。

10月末は28日が父の誕生日、29日がアスランの誕生日、31日がハロウィンでしたが……祝えたのは父の誕生日くらいなもんで。
毎年、ハロウィンにモロゾフのジャック・オ・ランターンが欲しいと思いつつ買えてません。
勿論今年も逃しました(笑)。

≫私信
今日は旧友マユの誕生日でした。
おめでとう! 25歳の世界へようこそ(笑)!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。