上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病棟の患者さんから飴を貰った夏風馨です。
こんばんは。
ビニール袋に入れられて、ちょっとハロウィンちっくな香りが漂っていました。
どうした、自分。
ってか、絶食で飴しか味のある固形物を口に入れられないのに、そんなのお裾分けされても!!
嬉しいんだけどさ、気持ちは。

回診中、半夏厚朴湯処方していた患者さんが一言。
「そう言えば、漢方飲んでから、息が深く吸えるようになって動悸も楽になったんだけど」
効果ありだ!
証は間違ってなかったみたいだね。
「それは良かった」
「たださぁ、長続きしないんだよ」
どうも飲んだら良くなるけど、次の内服時間までもたないとか。
「薬の方が夏バテしてどうすんだよって感じだよ! 」
半夏厚朴湯 が 夏バテ!!
斬新な説に苦笑するしかなかったり。
ってか、Y先生と相談して整腸剤の類いを全部中止したけど、多分来週怒られるだろうなぁ。ううう。

仕事も一段落した昼下がり。
レポでもするかと研修医室に行ったら元指導医からコール。
「あ、夏風先生? 漢方のことで相談したいんだけどいいかな」
「どうぞどうぞ」
聞いてすぐに、前に補中益気湯処方をすすめた人だと思い出した。
どうも余計食欲落ちたらしい。
……補気剤で?
首をかしげて色々訊くもどうも上手くいかない。
「先生、診察してみない? 」
と言う訳で診察してきました。
どうも、補中益気湯飲んだら何かが上がってくるような感じがするんだけど、上がりきらない感じがするらしい。
既に六君子湯は飲んでて食欲は戻ったとか。
どちらにせよ気滞は確か。
四診と合わせて気滞がメインで於血があって、やや水滞もある。
まずは気滞の改善のため、うちにある漢方で半夏厚朴湯処方。
またか。
偶然ですがね。
先生の話だけなら、半夏白朮天麻湯だったのだけど……実際診てみたらやっぱこっちだなぁと。
気分が優れたら良いけど。
後、薬が夏バテしないと良いけど(笑)。

うちのキティ時計の電池が切れて困ってます。近くで交換やってくれなくてさぁ……。


スポンサーサイト
思わぬところで激論するはめになった夏風馨です。
こんばんは。
今日はY先生と半直。
ちょっと手技が必要になることの多い患者さんが来ると評判のY先生である。
まぁでも、初療をやらせてくれて、ちゃんと気付いたら立ち会ってくれているのが安心します。
気付いたらいるんだ。気付いたら(笑)。
で、激論の相手はY先生ではないのです。
そりゃあY先生には
「他人の話を聞いて下さい……っ」
と首を絞めかけたのですが(正確には手を伸ばして思い止まった)。
患者さんとね、妙な激論を交わした訳です。
腸管ガスが溜まってお腹痛い患者さんに大建中湯について熱く語ってしまいました。
気付いたら、物凄い迫力だった模様。
「だからね、下痢が嫌だったらね、まず1包だけお湯に溶いて飲んでみて。食後にもう1包飲めば良いから! 」
激論の末の譲歩の結果。
隣の診察室で別の診察をしていたY先生に笑われてしまった。
でも、患者さんは「本当にありがとうございました」と感謝して帰って行ったので良しってことになりました(笑)。

気付いたら、チューブ抜去の患者さんの再挿入があり、再挿入困難患者さんでした。
挿管困難患者さんのトラウマが(笑)!!
今回は無事に……否、大変だったけど、挿入して帰っていきました。
「役に立ったね」
人手が必要だからね、と笑顔で言った先生は優しいと思う。
だって不馴れで色々迷惑掛けたのに!!
これが元指導医だったら手が出そうですよ、ええ。十分にあり得る。
一言も怒らず、落ち着いて指導してくれるY先生は本当に素敵だと思う。
ジュース買ってくれたしね(笑)。

後、1時間ちょっとで交代です。
Y先生の目がしょぼしょぼしてて 病棟の談話室でこっそり仮眠取ってるらしい。
ってか、その使い方ありなのか(笑)。
私は部屋に戻ったら来そうな気がして、病棟なう。
そんな訳で、大物が来ませんように……(笑)!!

2009/11/24 22:41

おおぅ!
先生って笑われるとどうなんだろうと思う夏風馨です。
こんばんは。
母の通院に付き合う度に担当医が先生って言います。
先生じゃないのに、からかわれてるよー(笑)。
ちょっと軽く笑った。

何か頭痛いなと思ったら不覚にも雨でした。
道理で朝からおかしいなと思ったんだ。
雨だなんて、私、聞いてない!!
うっかり五苓散飲み忘れちゃったよー。
お蔭様で今日は激不調です。

署名用紙が送付されてきた。
この短期間で100人……えっと、それは、私、友達100人いないのに???

2009/11/19 23:36

これからの行方。
ブログでは自分の政治論とかは語るつもりはない夏風馨です。
こんばんは。
中立でありたいと言うか、私がここで語る事の利益と損益を考えたら、マイナスが多いような気がしていたからなのですが。
それでも今日はどうしても言いたくなった。

昨日に引き続き漢方薬の話。
東洋医学の柱であると言って過言ではない漢方薬の保険適応が除外されるかもしれないと言う話です。
どうなるのか実際にはまだ解らないですが、不安な話です。
勿論、医療関係者に類する立場もありますが、何より患者の一人として、患者の家族の一人として心配です。
母は漢方薬による治療を受けています。
もうかれこれ10年来の病気でありますが、それでも何とか通常生活を遅れているのは漢方薬のお蔭だと私は思っています。

そもそも漢方薬の現在の立場に驚いた次第です。
色々勉強してきましたが、市販の漢方薬がうがい薬や湿布と一緒だったとは。
つまり医薬類似品。
類似?
列記とした医薬品ではないかと憤りを感じる部分もある。

伝統医学を何だと思っているのでしょうか。
日本は嘗て西洋医学(現代医学)を至上とし、自ら発展させてきた医学たる漢方医学を廃した歴史があります。
それでも細々と生き残り、現在は多くの医療機関で治療手段の一つとして使われるようになってきた医学です。
しかし、また再びそれが潰されてしまうのか、と思う。
その大切さ、奥深さを見直し、大学に東洋医学、和漢診療学として講座ができているところも増えてきて、教育もこれからと言う時に。
今回の“仕分け”について、私はどこか疑問を感じていた部分があったのですが、果たして漢方薬についてはどうなるのか。
そして、保険適応外となった時、漢方科の標榜が許されるまでになっていたその医学界における位置づけはどうなるのか。
いきなり天国と地獄のような気がします。

勿論、漢方薬が全て駄目ってことはないんじゃないかと思っています。
乱用はいけないと思うし、ちゃんと見直すべきところは見直すべきなんだとは思います。
ただ実りある議論があって欲しいところに1時間、ただ一方的に話され、削られるだけというのは困ります。
久々の5時半起きに疲弊してしまった夏風馨です。
こんばんは。
毎朝の行動も崩れるのは一瞬です。
特に朝寒くなったしねー。
寒いのが辛いと言うか、寒い中外出なきゃいけないのが辛い(笑)。

【ツムラ・芳井社長】漢方薬の“保険外し”に反発‐「事業仕分け」の結論を一蹴
そんな事より、漢方薬が保険適応外になるかもしれないって阿呆な話を聞いた。
あれだけ漢方薬が医療現場に浸透してきたところにいきなり!?
仕分けを公開するのは良い事だと思うし無駄はなくしたら良いと思う。
しかし、漢方薬は無駄か!?
意味不明です。
医学、漢方医学の何たるかも解らないような人間に何を仕分けられると言うのか。
OTC医薬品になっているからですか。
あの奥深さ、その効果の高さをちゃんと理解してから議論しろって話です。
何でも削れば良いってものではない。
パフォーマンスだけではなく身のあるものを!!

話を聞いて熱くなったよ。
ありえないでしょ。
久々に台所に立った夏風馨です。
こんばんは。
自分のためだけに食事は作るのが面倒になるんだよね。
一人だったら別に食べなくても良いやってなります。
食に対する執着が低いのかな。

母は発熱していて、動けない状態だったので今日は勉強に行くのをやめて看病中。
夕飯は取り野菜摂らせなきゃと考えて、敢えず有り合わせの野菜を突っ込んで煮込みうどんを作りました。
発熱してる母のためにちょっとだけ生姜入り。
でも、風味を損ないたくなくて味付けに苦慮しました……(笑)。
ちょうど温泉玉子があったので、それを載せたら結構良い出来になった。
普段作らない私の夕飯に母が感動していた。
たかがうどん。されどうどん。
元気にはなってきたのですが、相変わらず体温は38℃出ているので余談は許さない感じです。

皮膚の基礎疾患があるだけに、実は心配だったりしますが。
取り敢えずはバルトレックスを信じます。
後は勿論、越婢加朮湯もね!
一日のどがえぐえぐいっていた夏風馨です。
こんばんは。
えぐえぐ、えぐえぐ……何か咽中炙臠って感じです。
すっごい違和感。

急な季節の変化で肩凝りも悪化してる訳です。
これは恐らく本気で咽中炙臠。もしくは梅核気ってやつだな。
ま、気鬱でもおかしくない。
取り急ぎ半夏厚朴湯を飲んでおきます。
自律神経異常が悪化してる気がするぞー大丈夫かー。

午前中で取り敢えず疲れ果て、本当は箱庭作ろうと思ったけど断念。
明日も頑張ろう。
倒れた時には骨くらい拾って下さい。


あー温泉行きたいーっ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。