上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は結構怖がりな夏風馨です。
こんばんは。
どれくらい怖がりかと言うと物音に敏感です。本当に。
まぁ基本的に一人旅の時は覚悟するので良いんですが、二人とかになると覚悟が足りないんだよね。
やっぱ和室だったら良かった……(笑)。
人が近いと安心するので。
まぁそう言ったら寝るまで添い寝してくれたY先生は優しいと言うべきか。
でも、先に寝ちゃった上にいびきかかれたけど(苦笑)。

目覚まし7時だけど良いと言った割に目覚ましが鳴らなかった罠で8時に起床。
で、起きたら雨でした。
流石信頼度Aと評価された予報は覆らなかった。
でもここまで来たからと旭岳登りたいと言うY兄さんに付き合うことに。
「防寒具ある? 」
「こっちにこれしか持ってきてなったの」
「じゃ、これ着たらいい」
どっから出てきたのかウインドブレーカーを貸してくれました。
お蔭で旭岳ロープウェイで上った後も濡れずに済みました、ありがとう。
お兄ちゃんだー。
ナキウサギ的にキュンキュンする。
「しっかし、これじゃあ何もわからないなぁ」
沼、え、どこ、みたいな状態でした。
沼どころか一寸先は霧。
でも、シマリスさんには逢えたけどね。兄さんは旅先では人によく話し掛ける人でした。
単なる人見知りじゃあなかった。私とは違う。
そして知らずに愛の鐘を鳴らして帰る兄さんが最強(笑)。
それにしても何処にでもあるんだな、こういうの。

その後、一応利尻島に行ってみようと、稚内へ。
遠いよねぇ、稚内。
私だったら運転耐えられないですが、Y先生だから。
ただ問題は話のネタが絶えることである。
否、流石にそんなに引き出しないよーっ!?

で、途中で利尻島のフェリーに間に合わないことが発覚して稚内で断念。
実はY先生が稚内3回目と言うちょっと申し訳ない結果に。
でもまぁ仕方ないので稚内で一泊することに。連休中の宿って大変だよね、取るの。
しかし温泉にこだわってくれたのは感謝しよう。
……結論としてまたツインだったのはもうつっこまない。
そんなの1日も2日も一緒だから(笑)。
ちらりとノシャップ岬に寄ってから、宿へ行って一息。
まぁまぁなツインでした。
うっかり寝てしまう前に夕飯へ。近くの食堂でうに丼を食べたり。
うに丼!
利尻のウニを使った生うに丼でした。
うにってこんなに美味しかったっけ……と思うほど美味でした。
うまうまーvv

隣でY先生が寝たのでとっとと寝ます。
寝ないと何か低音で子守唄歌われる危険があるので……何で子守唄のくせに低音!?
子供だったら泣くから!!
ちゃんといつもみたく優しい声で歌ってくれたら寝れるのにー。
だって、今日は来ちゃ駄目だよって言うから怖がらせられたら大変だもん。

明日はオホーツク海を見ながら帰路に入ります。
Y先生は仕事人間だから(笑)、病棟が心配でたまらんのです。
最近、海と言うとオホーツク海しか見てないな(笑)。
スポンサーサイト
川湯温泉はやっぱ良いと思う夏風馨です。
こんばんは。
pH 1.8と強力なのでダメな人もいるみたいだけどね。
私は好きです。
入った後のつるつる感が堪りません。

今日はF先生と一緒に裏摩周に行ってきました。
晴れてるので良かったなぁって思ったのに、霧が(笑)l。
結局裏摩周は霧で見えず。
神の子池は連休のせいか人が多くて。
でも色は神秘的でした。

お昼食べようと戻る途中で少し霧晴れてるかもって話になって、裏摩周リベンジ。
やや霧が晴れてきていて湖面がキラキラしてた。
何か得した気持ちに。

で、改めてお昼へ。
ファイバー先生オススメのお蕎麦屋さん。
でも、うな重セットは重かった。
お蕎麦も鰻も美味しかったんだけどね。

最終目的は温泉
そんな訳で川湯温泉へ……行くついでに硫黄山へ。
レストハウスでY先生を連想するシロクマ耳掻きが。
これは買わねばと思って即決。
川湯温泉は相変わらず濃かったです。
素敵。
そして真っ暗な中、鹿に戦きながら帰ったのでした。

明日から頑張るぞ!!
女って怖いなぁって改めて思った夏風馨です。
こんばんは。
白粉塗られた自分を見て、あまりの変わりように思ったことだったりする。
誰これってやつです。
本当にびっくりした……化粧って凄いな。
でも、小顔と仲間由紀恵似がキーポイントになったのはいつもと変わらず。
やっぱそこなのか。

そんな訳で舞妓ってきました。
1日目の天平人に引き続き、舞妓と言う新ジャンル。
ここまでくると誰だか解らない。
記念にはなったけど。うん。
楽しかったし!
和服楽しい。
……自分探しの方向が間違っているけどさ。

さてさて。
残った時間で醍醐寺へ。
これこそ京都。この閑静な、落ち着く感じが好き。
庭園は西洋の庭園より、こういう自然に調和した日本の庭園が好きです。
で、おみくじひいた。
末吉だったのですが、何よりもウケたのが恋愛の項。

今は未だ駄目です

爆笑した。
何この面白いお告げはっ!!
今は未だ早いとか、機を待てとか言うのは見たけど、今は未だ駄目って……いつなら良いんだ(笑)!
因みに薬師寺のおみくじではタイミングをはずさなければ愛情の花開くらしいです。
つまり総合すると、今はそのタイミングじゃないんだね!?

お土産が最後まで決まらなかったY先生。
結局悩んだ結果、組紐のストラップになりました。
単品では誰よりも高いと言う。
でも、ストラップはまだ付けてなかったから、付けてくれると良いなぁ……。

あっという間だったなぁ……もう4日も終りか。
銭形平次のテーマが好きな夏風馨です。
こんばんは。
おぉとーこだったぁらーひとつにぃかけるぅー♪
思わず口ずさんだりします。
良い歌だー。

さて、今日は京都。
午前中は母の体調の関係で動けず。
そんな朝、勢いで明日の予定を決めた。
ちょっとドッキドキ☆
それはさて置き、午後は太秦行ってきた。
つまり東映映画村。
やばい楽しかった……。
何故かポニーちゃんに乗ったり。えー。
引退された好きだった俳優さんのサインを見て懐かしんだり!
夕暮れの渡月橋に行ってきたり。
可愛いちりめんのポーチ買って、F先生のお土産に。
残るはY先生だけ。
どうしよう……意外と京扇子とか?
無難にちりめんのストラップとか??
病棟の先生方は決まったのに。
困ったなぁ。

夕飯は湯葉食べた。
珍しくご飯2杯食べちゃった。てへ。
兎に角、味付けが美味しかった! びっくりだよ!!
帰りに新しいキャリーケースを買ってしまった。
シャンパンゴールド。
お気に入りです。

明日は醍醐寺とお楽しみ……できるのは今のうちだと思うんだ。うん。
お坊さんの表現に思わず吹いた夏風馨です。
こんばんは。
薬師寺に薬師如来、両側に日光菩薩と月光菩薩を従えております。
「薬師如来さんは病気を治してくれる方ですね。今で言うところのお医者さん」
言われてみたらそうだけどさ。
両側は看護師さんとか言い出した。
「向かって右手におられるんは、日光菩薩。日光ですからね、日勤の看護師さん」
あーつまり、あれだ。
「左手におられるんは月の光で月光(がっこう)菩薩。夜勤の看護師さんですね」
ですね、って!!
思わず吹き出しそうになったのを必死に耐えた。

今日は唐招提寺と薬師寺のみ。
年老いた両親に強行日程は無理なのです。
で、ゆるゆる見て回ってきた。
千手観音はやっぱり良い。
ってか、唐招提寺は昔行った時の閑静さが好きだったんだけどなぁ。
御廟の静謐さは良かった……。
薬師寺は西塔が昔見た時より馴染んでいてびっくり。
時の流れって凄い。

山崎屋で奈良漬とわらび餅買って、まんとくん買って、葛湯買って京都移動した。
私、山崎屋のわらび餅好きー。
鮮度命だし(笑)。
せんとくんの洗脳攻撃に屈しなかった夏風馨です。
こんばんは。
あの1300年祭メイン会場はかなりの洗脳攻撃だと思うのは私だけではなかった筈。
だって、右見ても左見てもせんとくん。
解説するのもせんとくん。
グッズもせんとくん。
まんとくんもいたけど、そんなの微々たるもんですよ……。

さて、奈良1日目。
両親に平城宮跡を見せたかったので行ってきたんだが……広い。会場としてだだっ広い。
お蔭で一日潰れました。
で、ついでなので天平文化衣装を着せてもらってみた。
……ら、いろんな人に写真撮られたりビデオカメラ向けられたり、声掛けられたりしました。
最初は明らかにスタッフと間違われてた。
ってか、おじさまおばさま達は肖像権とか個人情報とか知って……はいても気にしてないって?

わらび餅がうまうま。
幸せだー。

2010/06/26 22:17

弾丸ツアー?
鹿で力尽きた夏風馨です。
こんばんは。
流石に市街地に入った時点で代わってもらえば良かった……と切に思っています。
怖い思いをさせてしまった私を許してくれ。

レンタカーで、和商市場行って、釧路湿原・阿寒湖・摩周湖・川湯温泉を攻めてきました。
途中鹿が歩いていたり、飛び出してきたり、キツネがササッと走り去ったりして鹿はマジ怖かったです。
ヤツは下手したらこっちが死にますから!
嗚呼、おそろしや。
夜間運転で、ライトがあんなに心強いと思った事はない(まず夜そんな運転しないだろ)。

で、取り敢えず釧路湿原を見せてわぁでかーと言う感じを示して阿寒湖へ。
まぁ途中美味しいソフトクリームを食べさせたんだが、何せ彼女は酒が残ってたからな……。
おいおい、大丈夫かーと思ったりしつつ。
そんな訳で阿寒湖遊覧船で寝ちゃったりしてた。
まりもを見て、まりも湯入って、お昼は遅めにレイクロブスターのパスタ、ザリボナーラ。
そして摩周湖へ強行。
否、道が大変なんですよ、山道で……。
鹿と遭遇しつつも無事故で到着。
綺麗でしたよー、霧もなくて。
そして、勢いで夕暮れの硫黄山へ。
本気で鹿とニアミスしつつも無事故で硫黄山へ到着。
川湯温泉の公衆浴場に浸かって帰ってきました。
超夜道になってたけどな。

夕飯は病院から徒歩5分の回転寿司。
やっぱうまい。

取り敢えず疲れた……(えー)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。