上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウェイのパソコンに悪戦苦闘した夏風馨です。
こんばんは。
ナガシマ先生とバイト先のパソコンで打ったら『流しませんセイ』って変換した。

!?

一瞬何が起こったか解らなかった。
間違いどころの騒ぎじゃない。
ってか、流しませんセイって何!
SAYって事?
よく解らないけど、ノリノリ!?
何故、流しませんって他の人にも言わせようとしてんの!!??
泣きたくなった。酷過ぎる。
この酷さは泣けるで。
夏だからか。そうなのか。
やっぱパソコンも暑さにやられるのか。


夏と言えば、甲子園である。
ふとした拍子に付けたTVKで、たまたまあの横浜高校が敗れる瞬間を観たの……でも、横浜隼人が本当に勝ち抜くとは!
おぉめでとーう!!
↑勝った瞬間も勿論観ていた。
激戦区神奈川でよくやったと思う。
滾った。
実はその数日前に大野君が出るエフヨコの番組で、横浜隼人の応援って話が出てたのよ。
大野“様”が東の空から(笑)頑張ってって言うロボットボイスが……。

ここ数日小児科と格闘中。
模試成績を一重に下げる小児科と産婦!
どんだけ付け焼き刃でところてん……っ!?

マイナーQBと新しいブラウズワンピを衝動買い。
何かうきうき。
……着てくとこないかも。


今夜は彼が来ます。

今夜も生でさだまさし

……楽しみです。
スポンサーサイト
20090527110710

絶妙な取り合わせだぜと心中拍手喝采の夏風馨です。
おはようございます。
朝から緋川に使い走りさせた嵐の新曲『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~ / 明日の記憶』を入手してきました。
ついでに彼が勝手に頼んでいた『私は犬になりたい ¥490』もゲット。
勿論、勝手でも何でも私の奢りです。謝礼です。
……まぁ私も気になってたし。
にしても、嵐とさだまさしを同時購入。
何か変な感じ。
ってか、店員さんがこのCD探せなくて、5分掛かった。
余裕綽々だった筈のバイトの時間が~っ!!
……電車遅れてたせいで出遅れたのもあるけど。

さぁ、バイトだ~!
新年早々とんでもない事に気付いた夏風馨です。
あけましておめでとうございます!
おせち料理って正月に食べるものなんですねーっ!!??
生まれて26年でありますが……知らなかった。
え、じゃあ、我が家ではいつ食べていたのかって??

私の家は大晦日から食べておりました。

嫁入り前に知って良かった(嫁行く予定ないけど)。
我が家の両親は北海道出身です。
それゆえか、時折とんでもない習慣が明らかになる事もあり、慣れていたつもりなんですが……。
今回は両親もびっくり。
テレビからのとんでもない状態で我が家がパニックに陥った!

すみません。
新年最初の記事が、五郎八だったり(あれは酔っていた)、おせち事件だったり。
今年もこんな感じですが宜しくお願いします。
明日にでも、目標を立てます。すみません。
まぁ昨夜はさだまさしが出ていない紅白に物足りなさを感じつつも、紅白を観ました。

既に今年は出さないぞと決めていた同期2人から年賀状が届いており、少し戸惑い気味です。
勿論、ちゃんとお返ししますともっvv
メールには返信しません(え)。
否、一斉送信とかありえないから……葉書の大量送付はお返事しても(笑)。
駆け足で白衣を申し込んだ夏風馨です。
こんばんは。
卒業記念白衣のどれにどのロゴ入れたか混乱してます。
本当は昨日の夜やろうと思ったんだけど、どたんばたんで寝ちゃって忘れたのよね。
取り敢えず呆然と黒執事を観たのは覚えている。

今日はバイトでした。教え子の身長が176cmあるのが判明し驚愕。
私より20cmも高いの!?
「身長ってどうやったら大きく見えますかねー」
これ以上大きくなくても良い。十分だ(あくまで夏風基準)。
「器が大きいと、ちょっと大きく見えたりするよね」
「それは難しいっす」
他人に奢るとかできないかららしい。
そこか。
別にお金じゃないよ、そこは。
「頼りになる人とかって大きく見えない? 」
「確かにそうっすねぇ」
やっぱ人間が大きいってあると思うのよ。
態度もだけど。
「私なんか小さいからねー、切実に大きく見せたいと思ってるわよ」
「え、いくつですか」
「155cmくらい」
嘘じゃないのに信用されなかった。
教え子のお母さんも信用しなかった。
「えっ、160cmはあると思っていたんですけど」
母君はそう言い、更に教え子は。
165cmはあるでしょ! 」
それくらいあるととても嬉しい。
でも、ないものはない。
これぞ無い袖は振れぬと言う奴です。
「伸びたんじゃないですか!? 」
否、もう骨端線は閉じたんじゃないかな。
「昔の身長なんじゃないんですか」
否、春に測った筈です。
「痩せてるから、すらっとして見えるとか! 」
否、そこまで痩せてないです。
そんな車内での遣り取りの後、車を降りた私と並んだ教え子の一言。

「あ、本当に小さい! 」

「嘘吐く筈ないでしょうが……」
教え子との付き合いはもう2年になると思うんだが。
今までずっと私は大きいと思っていたそうだ。
「いつも怖くて気付かなかったけど、これが器が大きいって事なんですね! 」
そんなに怖かったのか。そうなのか。
器が大きいんじゃないぞ。
君が私を恐れて縮こまってただけです。

今日は『フジテレビからさだまさし』ですよ。
でも放映はNHK総合。
こう見えても(?)かなりミーハーな夏風馨です。
こんばんは。
俳優だと上川隆也さんとか佐藤健くんとか好きです。
ジャニーズだと嵐の大野くんが好き(よく判らないけどあの雰囲気が好き)。後は山田涼介くんとか。
歌手だと断然小田和正氏なんですが、さだまさしさんも勿論好きですよ。
でも、他にGLAYとか平井堅とかも好きですよ。
うーん、何か節操がないなぁ(笑)。まぁ別に良いけど。気にしてませんから。

で、今日はそんな話です。
たまたま深夜BSを観ていたら、私の大好きな俳優さんの主演する演劇が放映されていた。
私の好きな俳優さん、つまり上川隆也さんである。
彼が所属するキャラメルボックスで上演された『君がいた時間 ぼくがいく時間』です。
とは言っても深夜だったので、DVDに即行で録画して、今日観た訳です。
ストーリー展開が面白かったです。凄く刺激になりました。
ああいうテンポの良い話って本当に勉強になります。今度参考にしたいと思います。

ってか、上川隆也さんは本当に格好良いね!!
きゃあきゃあ。
寝ててもあまりに全身が冷え切っていて雪山遭難した人みたいな状態になっていた夏風馨です。
こんばんは。
微熱が続いております。
相方が調合した葛根湯を煎じて飲んでおります。なむー。

それでも、ケーキは作ったんですけどね。
ちゃんと成功しました。美味しく焼けました。
でも、体調とか諸々の関係で、殿に届けるのはやめました。ごめんね、ねこちゃん。
ってかねー『からからぽん』な状態の殿に会わずに済んで良かった。

さて、本日は小田和正氏の『クリスマスの約束』な訳で。
流石に実況は体調的に無理ですが、リアルタイムで観ます。
今年はさだまさしも出るので期待大ですvv

感冒で微熱気味の頭でインフルエンザの話をば。
この間、敢えて多くを語らなかったのですが、インフルエンザに対する特効薬として一時期注目を浴びたのがタミフルである。
欧米ではインフルエンザのファーストチョイスは『あたたかくして水分をしっかり摂り、寝る事』といったことになるが、日本では昔から薬物治療が中心であった。
勿論、日本が薬物大国と揶揄されるような部分もあるが、それだけではない。
インフルエンザ脳症である。
この症状は日本の小児には年間200~500名報告されているもので、生命予後に非常に重要な症状であるが、実は発症は日本の小児が主であり、欧米では報告があまりないらしい。
しかし、インフルエンザ脳症になった場合の完治率は5割を切っている訳で、日本で早期の薬物投与が行われる理由の一つである。因みにインフルエンザ脳症の治療はステロイドパルス療法である。これにより、死亡率が下がったのではあるがそれでも完治率となると先述の通り5割を切っている。
抗ウイルス薬の一つであるタミフルの登場は、この現状を打破する一つとして注目されたのである。ところが、タミフル服用後に起こった異常行動が問題となったのである。
これがインフルエンザ脳症と呼ばれる症状に起因するかどうか──その異常行動とタミフルの因果関係が問題になったのは有名な話。

まぁ異常行動の研究班ではタミフルとの因果関係を調べる上で、利益供与の問題などがあったりですったもんだがあった訳です。
当時は横田教授が叩かれたもんです。
日本の現状として、製薬会社からの寄付と言うのは哀しいかな普通にある事です。それがどの会社からいくらと言うのをしっかり把握されていないというのも事実であると言えます。

タミフルがもし本当に異常行動に直接関与していなかったら?

私はタミフル服用後に異常行動があったと言う事実をひていするつもりはありません。しかし、疫学的に有意差が出ていないので、この可能性を挙げるのである。
日本人に多く起こるインフルエンザ脳症についてもっと解明されるべきなのではないか。

今回の厚労省の中間報告は一応知っていたのだけど、きっとここからが問題なんだろうと思う。

事実は報道だけで決まる訳ではない。

2007/04/29 23:54

新歓セミナー
さして面白いブログは書けない夏風馨です。
こんばんは。
期待されても大したものは出ませんよーあしからずー(笑)。
今日は毎年恒例の一日東洋医学セミナーでした。
今年からは呼称が『新入生歓迎合同漢方セミナー』になっていたらしい。初めて知った。
まぁ、みどりの日がスライドしていた事実並みの驚きです。昭和の日になってたのは知ってたんですが、なむー。

午前は小石川植物園。
嫌な予感的中。
この数でどうやって説明が聴こえるよ……T先生。
しかも植物園の狭っこい一角は溢れかえってるしさ(笑)。大変ご迷惑を。
取り敢えず、今年も周りには先生が以前やってくれていた説明の一部補足をしておいた。
「夏風さん! 」
「どうしたのぉ~? 」
「ツアーマスターになってますよ!! 」
タマさまの言葉に振り返ってびっくり。
気付いたら後ろに人が……!?
「旗とか振ります? 」
そこじゃないだろー。
「否、だって用意してないじゃん? 」
「あ、すみませ~ん。作っておけばよかったですねぇ」
大臣も乗るな!!
「……どうします、夏風さん。撒きますか? 」
撒くって、タマ様!!
言う事が違うぜ、代表!!!
「無理だろ」
「うちの東医研で」
「20人近くいるのに……どうやるのさ」
「もしできたら、きっと凄い事になりますよね!! 」
そりゃなるだろーよ。
その後、実はタマ様と一瞬はぐれた。
私はどの辺にいるのかも、知っていたし、どうせ合流できる事も知っていたので気にしていなかったが、彼女は叫んでいた……ごめんよ、タマ様。
一方、矢張りはぐれた人間が……っつーか、はぐれた人間はいい大人でした。
他大学にまでご迷惑を。
「大丈夫ですよーいい大人なんですから、私達が面倒見る必要ありませんよ」
「確かに」
「そうですよ! 自分たちで何とかしろって感じです」
しっかりしてくれ、殿。矢張り甘やかしてはいけないんでしょう(笑)。

講義は4本立て。
☆その1
丁先生の講義は毎年恒例なので(笑)、うちの東医研的には耳タコだった訳ですが……ただ実証と虚証の話のたとえが面白かったです。
確かに女性は長生きなんだし生き急いでもねー。
2,3年遅れてもペイするさっ!!
☆その2
矢久保先生の講義は初めて聴いたのですが、その絵を使った話がナイスでした。
可愛い!!
反則だよ、反則。
☆その3
室賀先生の講義。
四診の話から腹診の講義です。
実習では診せてもらえたので良かったですー。
何故私の脈が浮き浮きだったのかが気になります……いつもは沈み気味なのに。
そんなにセミナーが嬉しかったのか?
まさか……もしかしたら、大病の前の静けさか(笑)。
兎に角、腹診ではOSCE後初めて腹触ったからなー漢方的に。
なかなか身のある感じでした。うふ。
☆その4
久島先生の講義は何と言ってもチクワ
人間の体はチクワ……チクワ……どっかでも聞いたような気がするが、何せどどーんっとチクワの絵が出ればそりゃあ笑いますわ。
チクワ、芸術的に描くとああなるんだね。
鍼の実習では久々だったのですが、難なく刺入できたんで一安心。
先端恐怖症ですが、入れる瞬間は鍼管があるので大丈夫だったりします。先端見えないし、痛くないようにできるので。
しかし、殿が……風府に入れていた。凄いっす。
流石は脊麻を単独でできる人間ですーどわー。

懇話会
取り敢えず誰も学生がいないのも拙かろうと先生のところに飛び込んでみる自分のアグレッシブさ……。
久々にお嬢ちゃんと呼ばれましたよ。一口飲む毎に注ぎ足されるビール。私はビールはそれほど得意じゃないんで辛かった。まぁ敢えて飲まなかったけどね。
「あれ、夏風さん。あまり進んでないじゃないかー今日はどうしたの」
「え、私あまりビールは……」
「あ、そっか! 夏風さんは日本酒だもんね! 」
うわ、先生。何て事をっ!!
店員さんに早速日本酒があるかを尋ねる先生。私は心の中でなければ良いのにと思ってたりして。
「何言ってるの。あった方が良いでしょ」
声に出ていたようだ。
しかし、私の祈りが通じたのか取り扱われていなかった。
「まぁ、私、家が遠いんでー帰れなくなったら困るんで」
その時、ちょうどT大学さんが帰れなくなったら大学近いから何とかするとか言い出した。
「ほら、大丈夫だって! 」
「……りょ、両親が泣きますから」
「あ、実家なの? そりゃそうだねぇ。どこ? 」
「相模○野です」
「えっ! 」
突然反応する先生。実は先生の勤務先はうちの近所(私は知ってた、確信犯)。
「駅のどっち? 」
「北です。伊勢丹の隣にあるー」
「何だ、あそこか! あの近くにあるクリニックの漢方の先生ってどうー? 」
「良い先生なんですけどね。ただ、耳が遠くて、意思疎通が困難なんです……」
「そうなんだ! 」
大笑いする一同。
しかし、先生からは絶対に患者になって来るなと言われた。曰く、知ってる人が来ると混乱するそうで(笑)。
色んなところに挨拶に回ったのですが、私の病棟で付けてるIDに……意外な反応を示していたがびっくりでした。
別に普通だと思ってたんですが。

二次会はカラオケ。
「空気が読めないから何歌ったら良いかなー」
「空気は読むものじゃありません! 作るものです! 作った者勝ち!! 」
……普段は絶対に言いませんが。
「そうですよね! 名言ですね! 」
そして、私が入れたのは『言葉にできない』だったりして。
その後私だけでなくNさんも暴走したため『宙船(中島みゆき)』『大空と台地の中に(松山千春)』『チャンピオン(アリス)』『愛燦々(美空ひばり)』などと言う衝撃の選曲に。
時代設定を誤った空間が誕生したのでした。
更には某先生がやって来て『さだまさしメドレー』を入れ……とどめ。
因みにその後には『さよなら(オフコース)』が入っていたのですが、時間切れ。
残念!!

いやはや盛り沢山過ぎて、もう許容量が(笑)。
でも、またやりたいですね~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。